hyunbin fragrance

ヒョンビン大好き、好きなものだけを書いてるブログです♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嬉しいね

1348311319_18125532-a.jpg

チュ・ウォンもヒョン・ビン病? “‘雪の女王’見ながら涙..本当にうらやましかった”

俳優チュ・ウォンが今後したい作品でロマンス水を挙げてヒョン・ビンを取り上げ論じた。

2010年KBS2 ‘製パン王キム・タック’でテレビ劇場にデビューしたチュ・ウォンは以後‘烏鵲橋兄弟’、‘カクシタル’まで3連打を打った。 これによってチュ・ウォンが出てくるドラマは無条件成功するとし‘視聴率の男’というニックネームを得ることになった。

長い旅程を終わらせてしばらく休息期に入ったチュ・ウォン. もちろんKBS2 ‘1泊2日’を通じて日曜日夕方ごとにチュ・ウォンの姿を見ることはできるだろうが彼の演技を一日でもさらにはやく見たいのがファンたちの心ではないだろうか。

これに対しチュ・ウォンは最近進行されたTVデイリーとのインタビューで“今まで私がしてきた役割が私の年齢よりは上でした。 強い演技もしたしまた重かったのではないですか。 それで可能ならば私の年齢大に合う美しい役割をしてみたいです”という風を伝えた。

それと共に彼は“ロマンス物はみなうらやましいです。 特にヒョン・ビン先輩がしたのはみな好みました。 ‘シークレット ガーデン’はもちろんで‘彼らが生きる世の中’、‘雪の女王’も良かったです。 実際に見ながら涙も流したし、本当にその姿が美しくて羨んだりもしました”とヒョン・ビンが出演した作品に対する愛情を精一杯表わした。

だが、チュ・ウォンはロマンス作品をするということが容易なだけではないことだと話した。 彼は“愛という感情が本当に難しいです。 表現するのも同じだよ。 私が考えるにはロマンスが最も大変なジャンルであることのようです。 恋愛が上手ならばあらゆる事を上手にするという話がありますね。(笑い)そのために私はうまくいこうがならなくてもしてみたいです。 私の年齢の時してみるべきでいつしてみます。(笑)”

特にチュ・ウォンはコ・ヒョンジョンが共にメロー演技をしてみたい俳優で自身を指定したことに対して“驚きました。 その話聞いた時は本当に光栄でした。 個人的にもコ・ヒョンジョン先輩演技が好きだったりもしたし、私を認められられるということで本当に感謝しました。 ところで先輩が私と演技すればどれくらい苦しがられるかという気もしましたよ。”という所感を伝えて豪快な笑いを作ることもした。(TVデイリー)

******************


同じ俳優の後輩にこういってもらえるのが1番嬉しいでしょうね。

ビニも“ヒョンビン先輩”と言われる年齢・地位になってきたんだねぇ(しみじみ…^^)
スポンサーサイト

| ヒョンビン | 15:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。