hyunbin fragrance

ヒョンビン大好き、好きなものだけを書いてるブログです♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

演奏会、壁紙

※追記です。

ヒョンビン、"海兵隊軍楽隊コンサート"進行"のMCデビュー合格点!"


海兵隊に服務中の俳優ヒョンビンが軍楽隊の定期演奏会を行い、MC申告式を払った。ヒョンビンは30日午後、ソウル汝矣島KBS公開ホールで開かれた'第22回海兵隊軍楽隊の定期演奏会"の司会を務めた。先週25日、"第3回ソウル奪還記念海兵隊のマラソン大会"に続き、入隊後に公式席上に顔を映したのは今回が二回目だった。ヒョンビンは海兵隊の軍服を着て登場しイスクヨントラックと一緒に司会を進行した。マイクを握ったヒョンビンは、やや緊張した顔色を見せたが、ヌムルムハミョンソド重量感のある進行で行事を主導した。ヒョンビンの舞台挨拶が続き、客席では劣化のような歓声があふれた。入隊後にもヒョンビンのファンの相変わらずの愛を確認することができた。また、ヒョンビンの小さな笑顔と手振り一つでも、観客は大きな反応を見せて熱烈に歓呼した。この日のステージには今年1月1日、海兵隊捜索隊員に志願入隊したグループクリックB出身の歌手オジョンヒョクが祝い舞台を構えた。ヒョンビンはオジョンヒョクの舞台に先立ち、"オジョンヒョク二等兵が捜索隊隊員として志願入隊をして大変な訓練を受けている。像状態がたくさん良くない場合でも、熱い拍手をお願いします"と観客に了解を求めた。オジョンヒョクのヒット曲"死ぬほど"の舞台が終わると、ヒョンビンは、気の利いたコメントで現場を笑い海で作った。ヒョンビンは"オジョンヒョク二等兵は、2013年には全域である。全域があまり残っていない"という発言で、多少堅くなっていた雰囲気を和気あいあいするようにした。ヒョンビンは、最後に客席に向かって、"韓国の海兵隊が少し身近に考えジギル眺めながら、最後の曲を紹介する"と述べた。客席では物足りなさの感嘆の声が流れ出た。ヒョンビンはこの日最初のMCが進行して成功的なデビューを飾った。この日の軍楽隊は、ジェイコブデ一(Jacob de Haan)の"コンチェルトディアモーレ(Concerto D'Amore)"、アンドレワイそのあかね(Andre Waignein)の"カモミール( Camille)"、ヤコブデ一(Jacob de Haan)の"ファンファーレオブコリア(Fanfare of Korea)"、グランドマーチ(Grand March)をはじめ、歌手趙容弼の代表曲"おかっぱ頭""モナリザ""窓の外の女""旅に出て""釜山港へ帰れ"、"永遠の海兵"、"マジックスライドと76トゥロムポン"などの演奏を聞かせてくれた。また、歌手の定数とは、"ビューティフルデイ""歓喜""あ!大韓民国"の3曲を歌ったし、元老歌手ユンヒャンギドサックス演奏と一緒に、"自分""私は幸せです""友達よ"などで祝い舞台を広げた。一方、今回の行事はソウル修復61周年と海兵隊軍楽隊の創設60周年を記念する行事として海兵隊関連の関係者はもちろん、一般にも公開された。(enews24)

****************************

無事に演奏会MC完了したみたいです。

行った韓国ペンちゃんがサジンをアップされてますが
個人撮影の物なのでここでは控えますね。
ゲルなど行ったらみれますので個々で見てください~~

後々ニュース記事でサジン出るかな?!





25_1024_768.jpg
26_1024_768.jpg
410851223.jpg

壁紙~~~~~!

ロッテはまだでした^^;
ロッテもアップされました~

lottejapan_201110wallpaper 2 (2)
lottejapan_201110wallpaper 2 (1)




無題

雨が降ってヒョンビン、そして政治家の不便な真実

歌手ピ(チョン・ジフン)が来月11日現役入隊する。 一時台を牛耳った最高級芸能人の入隊の便りに大衆の目と耳が傾きながら、ファンたちはもちろん言論の関心はピの入隊以後の動向に集中している。 この関心には一般兵士で服務したいという雨が彼の希望のとおり軍生活を無難に払うかは憂慮が混ざっている。

ピの入隊以後の姿は彼より先立って入隊した俳優ヒョンビンの場合と比較される。 一般兵士服務を希望した当代のトップスターという点でそうだ。 ‘軍人ヒョンビン’の‘特別な軌跡’が‘軍人ピ’にも描かれることができるという推測が出てくるのもこのためだ。 ヒョンビンのどんな姿でファンたちの推測は始まったことだろうか。

去る日曜日夕方インターネット上に海兵隊員の俳優ヒョンビン(キム・テピョン)とハンナラ党ナ・ギョンウォン最高委員が赤い色相談姿に白い手袋をはめて並んで立ってカメラに向かって手を振る写真が何枚上がってきた。 この姿は地上波TV夕方メインニュースを通じても紹介された。 インターネットユーザーの関心を引くのに十分な場面だった。

相変らず‘ヒョンビン病’が続く中でなされたヒョンビンの海兵隊入隊後初公開行事出席という点で、また、全国民が注目するソウル市長補欠選挙のハンナラ党代表走者に浮び上がったナ・ギョンウォン最高議員の出会いという事実にインターネットユーザーの関心が傾いたことは当然だ。

だが、インターネットユーザーらの反応はすっきりしなかった。 “ヒョンビン表情見るとあちこち呼ばれて通いながら利用されること同じで残念ですね。 本人は静かに軍生活したいといったのに”、“どうか政治家たち---ヒョン・ビン苦しがること見えないか”、“海兵隊マラソン、誰を浮かそうと開催したはう?”等大多数インターネットユーザーは不満を表わした。

ヒョンビンはこの日午前ソウル、汝矣島、漢江市民公園で開催された'第3回ソウル修復記念海兵隊マラソン大会'に参加、海兵隊出身歌手キム・フングクとペク・ジヨンの恋人タレントチョン・ソグォン(26),そして海兵隊模範将兵400人余りと共に6.25kmを完走した。

ソウル市と海兵隊が主催したこの日マラソン大会は誰でも参加できる行事. 一般市民はもちろんで芸能人でも政治家でも参加することができる。 ナ・ギョンウォン最高議員も同じこと. ところでナ・ギョンウォン最高議員をはじめとする政治家たちがマラソンに参加して完走したという便りは聞こえない。 結局マラソン現場に激励のため立ち寄ったという話だ。

この日大会に姿を見せた政治家はナ・ギョンウォン最高議員と次期大統領選挙挑戦意向を現わしたチョン・モンジュン ハンナラ党前代表、同じ党チョン・ミギョン議員、海兵隊出身の民主党シン・ハクヨン議員などだ。 政治家たちが国民的関心が集まる行事で関係者たちを励ますことはたびたびあって、変な視線で用事でもない。

問題は激励次元でなく政治的意図が伺える時発生する。 政治社会的懸案が山積していて、政治不信が広まった時点で彼らの歩みをきれいに見るのが難しいという世論が支配的なこともそのためだ。 例え記者たちの要請に勝てなかったポーズとしてもナ・ギョンウォン最高議員のヒョンビン出会いは不便に思われる。 より一層チョン・ミギョン議員のヒョンビン抱擁は激励次元で理解し難いという指摘だ。

国家の招請を受けた現役軍人ではなかったとすれば、ナ・ギョンウォン最高議員の激励を受けて、チョン・ミギョン議員と抱擁をしなければならない程ヒョンビンが暇でみすぼらしい人物であったか。 ‘ラベンダー’という(のは)インターネットユーザーはこの姿を見て、“選挙を控えて政治家たちが芸能人の人気にさじさっとのせて関心を引いてみるという概念ない行動”と叱責した。

過去の聖賢は“キュウリ畑で神(靴)を直して履かずに(瓜田不納履),スモモ木下でカラシナを直して使うな(李下不整冠)”と教えた。 疑問に思われることを最初からするなという教訓だ。 政治家たちの‘ヒョンビン激励’を‘ヒョンビン病’とするファンたちが疾視する理由だ。

ヒョンビンは当初芸能兵士でなく一般兵士で一線で勤めたいと自ら要望入隊して国民の歓呼と称賛を受けた。 だが、ヒョンビンの美しくて男らしい決定にもかかわらず、海兵隊が募兵広報病で抽出すると出て特典論議がおきたし、以後一般歩兵戦闘兵課でペクリョン島に服務することになりながら論議は消えていった。

しかしその後国防部は写真集発刊など次第にヒョンビンを広報に動員すると今回は海兵隊マラソン大会に抽出して政治家たちの激励を受けて、見るに哀れな政治家広報論議を甘受するようにした。 続いて来月にはインドネシアの10月5日国軍の日行事期間に広報要員で参加するという便りだ。 彼が現地で人気が高くてインドネシア政府で招請したという。

ある面でもヒョンビンの軍生活は一般兵士のそれと違う。 堂々と現役一般兵士服務をするという彼に軍当局が熱心に‘差別待遇’という燃料を入れて火をつければ当事者は本人の意志とは関係なしで心の傷を負う。 本来本人はじっとしているのにあちこちでわき腹を(つつく)うずく格好が反復される状況はファンたちもまた望まない。

もうまた、一人のスターが軍服を着る。 ヒョンビンと同い年出る歌手ピ(チョン・ジフン)もたとえ遅れた私だが堂々と公開的に入隊する。 それはやはり一般兵士を志願した。 ピもまた、ヒョンビンのような論議を体験しないという法はない。 芸能兵士抽出でもまた他の特典論議がおきることができる。 ヒョンビンと同じ論議が再現されることではないか心配だ。 入隊前に雨が‘政治家激励辞退(使節)’でも宣言でもしなければならない局面だ。

***********************

ビニとジフニ。

同じ82年生まれでヒョンとも仲良くて接点がいつでもあっていいようなのに
あまり話を聞かない2人。

記事の内容はともかく2人の記事がアップされるとは
なかなかないのでアップしました^^;

ジフニは最近グンソガと仲良くしてるみたいだねぇ!
それでもオレンジ以来10年ぶりだとか…
なんで急にジフニのコンサ行ったんだ?!グンソガ…^^;
スポンサーサイト

| ヒョンビン | 12:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。