hyunbin fragrance

ヒョンビン大好き、好きなものだけを書いてるブログです♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の試写会

110214comerain,comeshine_32
110214comerain,comeshine_34

ヒョンビン、"十分な対価払ってくる"軍入隊の所感お届け

俳優のヒョンビンが自身の新作『愛する。 愛していない』を最後に軍に入隊する所感を伝えた。

14日午後2時、ソウル往十里CGVで開かれた映画『愛している。 愛していない』(以下、愛してる)マスコミ試写会に出席したヒョンビンは、"私には重要な席になる"と『ベルリン国際映画祭招請の所感を伝えた。

"1幕を終える時点でコンマをチクジマンコンマを撮る前に、大きな幸運、良いものを見て感じることのできる場を訪ねてきたことに対して、大きな意味がある"と軍入隊を控えて、映画祭に出席の意味を伝えたヒョンビンは"首相は、空が分かっていただけるだろう"と付け加えた。

引き続きヒョンビンは、"公式の日程が、今日が最後になって、私には良いようだ。 私が出演した作品は、善意で気の合う人同士でスクリーンにあいさつをしてお見せすることができるという自体が私には良いスィムピョダ"とし"多くの方々の拍手を受けて入隊するので、十分な対価を取り分からない。 熱心によくしてくる"と、軍入隊所感を伝えた。

映画『愛してる』は、5年間一緒にしてきた夫婦の別れを扱った作品だ。 イムスジョン、ヒョンビンが主演を務め、李ユンギ監督がメガホンを取った。

彼女(イムスジョン分)は、新たな出会いを見つけて、その(ヒョンビン)のそばを引き出され、これらが別れている3時間のコースを淡々と描き出した。 封切りは3月3日。(マイデイリー)

*********************

やっとサジン上がってきだしました。

110214comerain,comeshine_3
110214comerain,comeshine_10




movieweek_1.jpg

『晩秋』ヒョンビン"コルロンゴリヌン'フン'自分の姿の一部"①

- <シークレットガーデン>(SBS、2010)終わってからの睡眠はちょっと寝ました。

<シークレットガーデン>撮影の時よりたくさん寝ています。(笑)盛んに撮影するときに眠れず寝てちょっとつらいが、他のものがそれを満たしてくれたと思います。

-2010年にわたって仕事だけしたようです。

2010年3月までに米国のシアトルで、<晩秋>撮って、いくつかのシーンの後に<愛する、愛していない>撮って、<シークレットガーデン>しました。 もともと一つの作品終われば休み方だと思う作品を立て続けにしてみたらそうなりました。

- 仕事中毒ではないんですって? 1月16日<シークレットガーデン>終わってから3月7日、軍入隊前まで<晩秋> <愛してる、愛していない>開封するんじゃないか。 ベルリン国際映画祭にも行きたい。 ギンヘングンインようですが?

だからでしょうか(笑)でも、仕事中毒ではない。 軍入隊前に、個人的な時間ができると思ったが、作品がジャルドゥェダてみると尻馬に乗って忙しくなってそんなんです。

- なぜ海兵隊に志願したんですか?

ただ行きたいと思いました。 男同士で交わって遊ぶのもあんまり好きで。 激しい運動が好きで、異種格闘技もしたんですよ。 私にそんな性格があります。 幼いときに、警察大学に行きたいと思った気持ちもあって。

- 休む時は、主に何ですか?

旅行にも行って、人々も会って、練習もして。 それとともに作品から抜けて出てきて体力を充電して、会えなかった人々チェンギジョ。 仕事終わるたびにそのような時間をぜひガジョトゴんですよ。 ぜひ休んで与えなければ体が持ちこたえると思っていたが、最近見るとそうでもないようです(笑)

- <晩秋>はなぜしたかったんですか?

シナリオに余白が多かったです。 セリフもあまりなく。 『シナリオの指紋やセリフのほかにかくかく表情や行動で、複数の姿を作ることができるだろう』という気がしました。 そのような点が面白かったです。 シアトルで撮ることができる点やキムテヨン監督、タンウェイさんと一緒に作業するのも良かったんですって。

movieweek_2.jpg

- キムギヨン監督が作った<肉体の約束>(1975年)やキムスヨン監督が作った<晩秋>(1981)は見ましたか? (キムギヨン監督の<肉体の約束>、キムスヨン監督の<晩秋>、一度に開封する<晩秋>すべてイマニ監督の<晩秋>(1966)をリメークした。イマニ監督の原作は、現在のフィルムがなくなって見ることができない。 )

で見ました。 そうでなくても撮影に入る前に、キムテヨン監督に聞いてみました。 "見てみましょう、マルカヨ?"したら"見てはいけない"というんですよ。 だから見ていません。 嘘ちょっと加えれば<友達、私たちの伝説>(MBC、2008)があるときに原作の映画<友達>(2001)を100度より見たんです。 多くの人々の頭の中に原作が残っているでしょう。 それを180度反転させるのではなく、場合は、見なければならないと思いました。 さらに、<友達、私たちの伝説>は、原作を作ったクァクキョンテク監督、ファンギソク撮影監督がそのままオショトゴ、原作に出てくるシーンは、本当に同じように撮ったんですよ。 ところで原作を見てんだから原作のようにしないと、必ず間違っているような気がするんですよ。 誰が何と言うこともないのに。

- <友人>と<友人、私たちの伝説>は、とても別のようですが? <友人>は強烈したが<友達、私たちの伝説>は、穏やかな感じでした。

二時間の映画を20部作TVドラマで作ったから状況や感情が多く入ってそうだったんです。 TVが映画よりも規制が厳しいこともあって。 <友達>のドンス(チャンドンゴン)はされて三見えたが<友達、私たちの伝説>のドンス(ヒョンビン)は、はるかに日常的に感じられました。

- 可哀想に見えたのですか?

いいえ。 さらにもう自然なものというか。 組織暴力団といえば変な目で見るように用意じゃないでしょうか。 こんな言葉がどのように聞こえるかもしれませんが、その人たちにも痛みがあると思いました。 厳しい仕事ですが、それなりの寂しさもあって。 そんなことを少しずつ表現してみたかったのよ。

- <友人、私たちの伝説> <晩秋>両方ともリメイクジャクイジャンアヨ。 リメイクへの負担をあまり感じるかですね。

のように感じます。 <友達、私たちの伝説>のような場合は、周りからも反対しました。 ところで劇場で<友人>を見た時の釘の忘れて。 あの時』と、僕も将来あんな映画、あんなの役割したい』と思っていた夢のようなチャンスが来たんです。 見逃すわけがなかった。 してから後悔するのは私のせいばかりするんじゃないか。 ところが、他人がしないようにしての一次に後悔すると、誰かのせいにするんだよ。 演技ができなかったことを後悔するよりも、チャンスを逃したことを後悔する方がもっと愚かだと思う。

- <晩秋>でくん(ヒョンビン)が初めて検出されたときに『あの人がヒョンビン当たるか?] しました。 毛束を立てて両手をアプジュモニエ挿しコルロンゴリヌン姿が慣れないと聞きました(笑)。

私は、厄介なことでした。 面白かったです。 削除された場面の中に母が会う人を訪ねて石を持って乱暴操る場面もあります。 でやって見たんするのがジェミトドんですよ。

- <晩秋>を見るまではそのような姿が想像しにくいんですよ。

私にも<晩秋>のフンのような姿があります。 <私は幸せです>(2008)の万寿を除けば、今まで私がしたすべての役割に自分の話し方、行動、性格が少しずつも入っています。 そのような部分を、その人物に合わせて、より誇張したり、包装して見せてくれたんです。 だから、まだ100パーセントの私を全部見せてくれた人物はいないようです。

- <晩秋>のフンチョロムコルロンゴリヌン男性、女性たちが密かに好きです。

コルロンゴリヌン人を好きですか? 女性たちが?(日刊スポーツ)


movieweek_6.jpg

『晩秋』ヒョンビン"几帳面で苦しい完璧主義者?"②

- ジフン'ジェビジョク'ではあるが、完全な'選手'ではないじゃないですか。 お客さんが何と言っていることがよく聞けないオクジャ(ギムソラ)を置いて選別してから部屋まで連れてきてくれて。 そんな姿が可愛いです。

定のある友達です。 キムテヨン監督が一番多く話したのは、柔軟にするでした。 一生を『しなやかさ』という言葉を監督ハンテ多々ようです(笑)アナ(タンウェイ)ランスのようなレストランに行ったときに予約したと嘘をついたのがばれが出ても平気ですよね。 監督が"言葉や行動で、その時々の状況に柔軟かつ迅速に対処するのが見せてほしい"と言ってたよ。

- 撮影があまりにもギリギリにしたんですって。 6週間の間、撮ったんですって?

強行軍だった。 撮影体制があまりにも異なってみたら。 アメリカではどのような場所で撮影する場合は、その一帯にも許可を受けなければんですよ。 撮影することにした日付を正確に守って。 かくかくな問題のため、クランクインの日付が滞ってスケジュールに追われる祈りんです。 監督も余裕を持って順番に撮っていたいいいましたがそれがうまくいかなかったです。

- アナとくんの感情があまりにも徐々に変化する話だと順番に撮ればよかったのに。

だからちょっと笑わせました。 最初はアンナとジフンソモクソモクハダガ後ろに行くほど親しくなるということなのに、順序を変えて撮ってみるとアナとジフンがお気に入りの場面ではタンウェイラン私は疎く、アナとくんがすごく気まずい場面では、タンウェイラン既に親しくなったんです。 監督も現場で"これはない。 これではいけない"とそうになり(笑)。

- 世の中に心を閉ざしていたアナがフンエゲ心を開けるのと同じようにくんも最初は、アナをゲストとしてよりは、ますます別の方法で大河じゃないですか。 くんの心が、いつ決定的に変わったと考えながら演技してたの?

徐々に。 最初の馬の歩いた時から興味があったのだから。 アナが他の女性と別の方法で行動するんじゃないか。 『今まで私が相手だった女性と違うのね。] それが一番大きかったようです。 だからくんがずっと話かけて時計を与えてつながりを作るじゃないですか。 そんなことが、一つ一つ積もりながら、少しずつ関心がコジョトドンのでしょう。 そう思って演技しました。

- 自分にその場で何が近づくかもしれない状況で、ジフンアナに口を当てて刑務所から出てくるの日にまた会おうとするんじゃないか。 どんなボールなのでしょうか?

訓導その傲慢な思いをしたでしょう。 他の女性だったら振り返る気にもならなかったし、ジュルヘンラン打ったんです。 しかし、アナにそれなりの心があるからそのように緊迫した状況でも、再び戻って、そのような話をしたのではないでしょうか。 『状況がどうなるかは分からないが、今、私の気持ちはこうだ。 今は君を待っている自分がいる』という気持ち。 映画の後半に向かってフンの言葉にそのような複雑な意味があるようです。

htm_20110214172106c000c020-001.jpg

- 本人がジフンだと最後のシーンでアナを見にいくんですか?

行くことは行くのアナがある所には入らないでそのまま外で観測だと思う。 'アナが本当に出てきたのだろうか? くんも不安な気持ちでいくはずなのに、また会ったからといって、この女とどのように行くことができるかどうか分からないがアンゴヨ。 時間が経つの中くんの心も揺れたでしょう。 ずっとジェビジョクに住んでいたのだから。

- ああ、寂しいです(笑)元秋に描いたような?

いいえ。 雨もあまり好きなのに、<晩秋>撮影中の雨が降って大変でした(笑)。

- 感受性が鋭敏な方ではないんですって?

いいえ。 悲しい映画を見る時もよく泣きます。 ワールドカップの試合のようなのを見ると胸がチンヘジルはあるが泣かないではない。

- それでは、"思ったよりヨリダ"という言葉で入って見ましたか? ではない性格が良心的か?

'ヨリダ'という言葉は聞いたことがない。 性格は、多くの良心的な方です。 仕事をする時だけは完璧主義者になろうとしている。 "完璧主義者だ"という言葉は聞いたことがあります。

- 演技が繊細で感情豊かであると思ってんですよ。 演技するときに涙が出てきて苦労したことはないでしょう?

序盤にいたんです。 その時は本当に傲慢な考えをしながら泣きました。 私も本当に苦しいが、演技する時、直接涙を流さなければならないと学んだことを、そのまま持続したんですよ。 もちろん、本当の感情を見せなければならないときは、直接泣くべきだが、あえてそのようにもなる時があります。 そんなときも、直接泣こうとしたんだから。 自分を苦しめる面てる。

- ああ、几帳面で少しもどかしいのスタイルだね。

ウハハハ。 そうですね。 ハハハ

htm_20110214172106c000c020-002.jpg

- 家の方々がみなまともな方だそうですね。 演技するキナ才能は誰から受け継いだんですか?

よく分からない。 母が紙粘土工芸を、入手可能な展示会も開いて陶器のようなものも造られたんですよ。 母の手先の器用さに似て中学生の時はプラモデルも作りました。 字書き、絵を描くのは母に教えられたようです。

- そんな学生が高校の時演劇部に入って俳優を夢見たなんて不思議ですね。 そして演劇の舞台で聴いた拍手の音が懐かしくはないですか?

戯曲は、後で必ずするんです。 いつになるか分からないけど。 高校のときに演劇しながら拍手の音を聞くことも良かったが、両親がハラドンようにしていた私は、両親の言葉を逆らおうながら、毎日演劇練習室に向かっているということを悟った瞬間『私は、本物の演技が好きなんだな』と思いました。 だから演技をすることができるところならそれはどこにでも気にしないだろう。

- ある外国の俳優のインタビューを読んだが、その人がこんな言葉を言うんですよ。 "私はこの仕事が好きなのは演技をしながら花火のように燃えるためではなく、撮影現場にいるのが楽しいからだ。"

そうです。 そのようです。(日刊スポーツ)

******************

ぎゃ=3
ササアン試写会サジンにMOVIEWEEKまで~~
おっつかな~~いwww
記事は翻訳機通したのチェックせずそのままアップしてます^^;
スポンサーサイト

| 愛してる、愛していない | 16:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。