hyunbin fragrance

ヒョンビン大好き、好きなものだけを書いてるブログです♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チュッカエ♪ジフナ!、Marie Claire

※追記です。

1657_L_1275889688.jpg
11479_19157_010.jpg

MTV最高アクションスターRain、本当にワールドスターなる

雨がワールドスターとあざ笑ったが、彼はやはり国内芸能人中に誰もやり遂げることが出来ない仕事をてきぱきやり遂げて本当にワールドスターであることを証明した。
今回の'MTV無比オウォーズ'授賞式に韓国人最初に受賞の栄光を手にした雨は自身のハリウッド主演作の'忍者アサシン'の派手なアクションでハリウッド最高というアンゼリナ・ゾーリ、トム・クルーズなど俳優らを堂々と抜いてしまい1位をしたのだ。

今回の授賞で雨はもう一度名前を知らせてやはり自身の存在感を強く知らせたが今回の上で国内の非難世論は全部終わってしまうかも知れない。 そして常に自身に対する非難は悪リプライも全部みな良いとし受け入れるという非義態度のように今は彼の行動一つ一つが対人(代印)杯(倍)のように感じられる。

雨は今回の'MTV無比オウォーズ'を通じて本当に多くのことを得るかも知れない。 たとえ国内で彼が受賞をすることと誰も信じはしなかったが、彼が米国に発つ前見せた笑いの中ですでに自信を感じていたようだ。 今は雨は堂々と国内に戻るだろう。

その間カムバック後雨は数多くの話題をさらった。 新しいアルバムのタイトル曲'君を捕まえる歌'のきまり悪い振りつけで叱責を受けたりカワウソ踊りパロディまで出てきて屈辱にあうこともした。 そこに引き続いた理想発言にVIP発言まで彼の話と恐ろしく全てのものが論議の的になって記事が出てきたほどだ。

これほどになればピの話題性は断然最高だ。 ところが、国内の大衆は彼を全くワールドスターと眺めていなかった。 ひたすら言論の称賛だけとし彼のスター性を引き降ろすのに忙しかっただけだ。 だが、今は本当に無視できなくなってしまった。
その誰が雨が映画'忍者アサシン'でその有名な'MTV無比オウォーズ'で有名なハリウッド スターらを抜いて1位をすることと想像をしただろうか。

雨は本当にすごい人物に間違いない。 今まで雨を何度も批判をしてきたのだがもう認定をしたい。 彼は真のワールドスターと話だ。 そして雨に最高という賛辞を惜しまなくなりたい。

私たちはもう雨にできないのはできないことのままに批判を加えることもできるが良くやったことは上手にしたと拍手してくれるべきではないとする。 もしこんなにまで雨が認められて世界のファンたちが皆眺める席にそびえ立ったが国内で引き続き見下して彼の威信を引き降ろすならば皆が私たちをあざ笑うかも知れないためだ。

相異という(のは)受けたいといって受けることだ。 それだけ雨が血の汗流して努力して苦労してとった映画だったので世界のファンたちが認定したのだ。 ‘忍者アサシン’が開封された時も私たちは雨をほめるよりはB級映画とし引き降ろすのに忙しかった。 もちろん映画自体が暴力性と残忍な面はあったが、その作品の中に生きて呼吸する非義の姿は断然最高という称賛を受けるだけのことはあったと考える。

前に雨はもしかしたらより一層より大きいスターになるかも知れない。 彼を探すハリウッド影響力ある監督らも増えるかも知れなくて私たちが考えることよりさらにはやく再び映画の主人公に訪ねてくるかも知れない。 もう一度今回の非義受賞を祝って最高のアクションスターになったのをおめでとう.(ミディアース)

****************************************************

おおお
ジフニよかったねぇ♪
たった数秒だったけど誇らしげにスピーチしてるジフニかっこいいよ

ヒョンと出たSKTのCMみた~いヾ(≧∇≦*)〃

また夢に一歩近づいたね!
今度はぜひ“歌手”としてもがんばってほしいね~




アンニョン^^
ここ数日暑かったですね~
昨日なんかもめちゃ暑っ
でも今朝は曇り のせいか暑がりなゆんには涼しくていいかんじ♪キブンドチョッタwww
少し肌寒しってくらい^^;

なので、4日朝にMarie Claireホムペに上がった記事をアップします~^^(↓Reas Moreから)
上がった時はちょっと調子悪かったり気が乗らずアップする気になれなかった(笑)
まだ手元に届いてないのでよくわかんないけど
たしか本誌に掲載されてる内容と同じだよね!?
衣装情報も載ってますがそこはそれぞれで見てください^^(あ、また省いてる:笑) 

こちらから Marie Claire




marieclaire_001.jpg
marieclaire_006.jpg

野性を入れる、ヒョンビン

カメラ内と外の綱引き(チュルダリギ)のようなものなかった。 始終一貫率直に自身を表わしてくれたし、ヒョン・ビン中に俳優のほかは何も含まれていなかったようだった。 決定的に、ヒョン・ビンは笑う瞬間にも真剣だった。

とうていヒョン・ビンの顔表情だけでは彼が処した感情の深さを計る方法がなく見える。 広いなど上(胃)に大きなチェック紋バックパックをきれいに至高入ってきて挨拶をする時も(<彼らが生きる世の中>中大学生時期のチョン・チオの姿そのままであった),数回のヘアーと衣装変化にもヒョン・ビンの感情船はいつも一つであった。 細かくカット数を数えながら終わる時間をチェックしたり、前に何着の衣装をさらに着なければならないのか尋ねるスターとともにする撮影で明るく伴う状況も起きなかった。 ただシャッターの声に合わせて変身するピュパインドの中ヒョン・ビンの姿に感嘆の声を上げるスタッフの声だけが鳴るだけだった。

考えてみるとヒョン・ビンはずっとこういう性格の所有者であったようだ。 <ノンストップ>と<トルリョチャギ>ロちょうど名前を知らせ始めた頃会った時も新人にふさわしくない彼だけの物静かさに大いに驚いた記憶がある。 ヒョン・ビンの名前の値段が自分の役割をして出す間、頭より口で先に記憶して行動する大衆の気まぐれにもただ一度の動揺することがなく自分の席を守ることができたことはもしかしたら彼のこういう静かな丈夫さが土台に作用したかもしれない。

画報撮影をわずらわしがるようではなかったがそれでも毎カットとる時ごとに直ちにモニターの前にくっついて雰囲気を探索する積極的である面もない。 自身がどれくらい魅力的で格好良く包装された姿と見られるかはヒョン・ビンにそんなに重要な論題ではないようだった。 ただし騒がしく美しく飾った姿から抜け出した、すべての撮影が終了した時点では静かにモニターの前に近寄る。

過程はスタッフに対する信頼ならば充分で、本人は行動でよく移したかで終えるようだった。 インタビュー末に彼が投げた“すべては双方ですから”という言葉が浮び上がった。 最善を尽くして準備した人々に最高の姿で答礼すること。 それがすぐにヒョン・ビン式双方向理論ではないか。

スタジオを聞いて置いてばたばたした音楽は止まったし、モニターの前には腰曲げて写真を眺めるヒョン・ビンが立っている。 スクリンサイバーに設定しておいたセレック カットらがゆっくり帰る間にもいつもそうしたように沈黙したし、相変らずバックパックを背負っていたし、細くて長い指の間には陥るタバコ一本が握られていた。 ずっと~と曲げた腰が広がると同時に“写真本当に良いのですが。 今日作業楽しかったです”として素早い腰がまた曲げた。 蜜のようにただ美辞麗句のようなお世辞はなかった。 糖分でいっぱいであるそのような明るいお世辞の代わりに静かでやぼったい、真心幼い語法.

少し心配もした。 優しくて善良なだけの彼の温かいイメージを激烈によじれる野性を隠した男に変えておけるか。 結局解答のつけるヒョン・ビン自身だった。 すべての考えを頭の外で追い出した彼はその間そこまで私たちが知るようになることが出来ないヒョン・ビンを取り出すとみられた。 それもこれ見よがしにとても格好良く。

<晩秋>撮影が終わった後にも別に五十記憶はないようだ。
<晩秋>終えて3月初めに入ってきて中旬頃にまたハワイに発った。 Mnetジャパンと映像集を兼ねた放送があったし、4月末にはハワイ プロジェクトの一環でファンミーティングがあった。 最近いくらか個人的な時間を享受したことはないようだ。 (笑い)それでもハワイ日程は非常に興味深かったが、世界3大コーヒーの中の一つと指折り数えられるコナコーヒー農場を探したり、バリスタに直接教育を受けることもした。

俳優がファンミーティングをすれば舞台で与えられた時間をいったいどのように満たすのか気になる。
率直に話せばパフォーマンス面では多様でない。 作品があれば観客と互いに作品に対する話をやりとりするが、それだけで決まった時間を満たすには限界があるから。 私は毎年漏らさなくて歌を歌うのに今回のファンミーティングでは最初から専門作曲家に歌二曲を受けた。

おもしろい。 今はヒョン・ビンだけの歌を持つようになったことなのか。
アルバムに出てくるがよく話す歌手デビューではない。 そしてそうするつもりは全くない。 バラード一曲と明るくて軽快な歌一曲を受けたが多分日本でシングルで発売されるようだ。 韓国ではまだ分からない。 本来ドラマOST作業はたびたびしたのに、<友人>時も‘持つことはできない君’を直接録音したりもした。

<晩秋>はシアトル今年ロケーションであったのに、変わった環境に鋭敏になったようだ。
本来食べ物や気候のような生活環境変化にそんなに鋭敏に反応するスタイルでない。 もちろん初めには素早く家にきたい気がしたりもしていましたが、映画に必要な準備することが多くて他のものを考える余裕があまりなかった。 シアトルの天気を楽しむ程完全に適応した頃撮影が終えられた。 かえって惜しい気がする時韓国に入ってくることになったんだろう。 10月頃に<私は幸せです>広報のためちょっと聞いてきたことを除けばほとんど身じろぎもしなくてシアトルを守ったようだ。 およそ4ヶ月程度留まったか。 良いところだ、シアトル.

悲悼しばしばおりて、早く暗くなって。 誰かシアトルの憂鬱な天気がジャズの本場という(のは)名声を抱かせたともしたのに
とても少しの間瞬間的にして太陽が昇った幾日か除けばほとんど毎日小雨がおりた。 シアトルも天気が良い日々が多いというのに、私たちが留まったその時期は指折り数えられる要注意天気期間だった。 後ほど分かったが映画の雰囲気のために監督様がわざわざ‘コック’つかんでその期間を撮影時期に定められたそうだ。 素早く後れを取りながら感情が沸き上がる憂鬱な天気、タイミングが良かった。 一日十二時間で撮影時間が決まっていて個人的に歩き回る時間は殆どなかったが。

<晩秋>はイ・マニ監督の同名映画のリメーク作だ。 タンウェイと呼吸を合わせたのもそうで、色々な面で注目される作品に入るのはどうなのか.
注目しているんですか(笑い)? 率直に話せば撮影だけする俳優では封切りした後に観客の評が下される時まで雰囲気をよく感じることができない時が多い。 相手俳優であったタンウェイと呼吸を合わせることで序盤にイシューになったのは知っているが。 色々な面で良い作業だった。 率直に話せばどのように出てきたかもとても気になるが、ぐっと押している状態だ。

編集室に行ってみれば良いのではないか、撮影が終われば最初から編集室で生きる俳優らもあったというが。
出た編集室に行くのを別に好まない。 撮影する時と編集する時変わる監督様の指向もあるだろうし、わけもなく編集手本として惜しい部分が眼に触れたり欲が出る部分が見えれば苦しいかと思って(笑い). 一度行ってみることはするが、私心なしでただ見てだけこようとする。 期待がなくてこそ失望も減る方法であるから。 私だけでなくすべての方がそのまま気楽に見られたら良いだろう。

<友人>もそうしたが、前作があるのをするのに用心深いことはないか。
<晩秋>は日本でリメークされたことまで全四回も作られたと分かっている。 今度はわざわざただ一つも見なくて撮影に入ったが、一度見れば前作の余韻が残っているから演技する時若干制約が従う。 以前に学校通う時問題集解きながら素早く解答を見た状態で問題に接近すれば正確に思い出すことはないけれど何かぼんやり漂うのがあるのではないか。 演技も同じだ。 すでに他の俳優が演技した姿を頭の中に入れて、新しいキャラクターを取り出すとみられるというのが事実やさしくはない。 人間に記憶の習慣ぐらい恐ろしいのもなくはないのか。 初めには初めての撮影直前に一度見て入ろうとしたが、かえって監督様が見るなと薦められた。 時代もしばらく全(前)で、人物らが処した状況やキャラクターもたくさん変わったからかえって混乱だけ引き起こすこととし。 <友人>はあまりにも好んで何度もみた作品だと仕方なかったが率直に前作を見ればそれが正解だと感じられて新しいキャラクターを誕生させることは難しい。 そのような意味で<行く秋>は私が感じるキャラクターをそのまま投影する方だ。

いつも終始一貫している。 ガラス瓶中で波打つように。 常に平常心を維持するのか
私も激しくなる時がある。 運動する時?(笑い)あまりにも運動するのを楽しむ。 今は休息寄稿、どうせ時間は与えられたし。 それならそのまま流すよりは私が好むことをしながら送るのが良くならないのか。 もちろん一つ傷ならば運動をほとんど歯を食いしばってするということだね。 今ここに見れば手の甲に傷があるのではないか。 運動してケガしたことだ(笑い).

どんな運動をそのように熱心にするか。
異種格闘技をしているのにどうしても全身を使う運動だと見るとあちこち傷が増えるところだ。 2008年に最初に始めたが再び始めたのはいくらにもならなかった。 ア、<友人>時は延期(煙、演技)に必要で併行したりもしたが。 俳優らは演技する時自身が持ったすべてのエネルギーをかき集めて噴出する。 思ったより途方もないエネルギーを消費することだね。 そうするならばいつも体力をたくさん備蓄しておくべきなのに私はその方法が運動のことだけだ。

率直に<私の名前はキム・サムスン>以後作品は大部分重い作業だった。

キム・サムスンが終わった後に思ったより多くのことを一度に得た。 突然ぐっと~どこかに上がった感じもしたし。 どんな先輩が私にはその機会がとてもはやくきたといったよ。 その時考えた。 自ら見て回って自身を確かめる時期がいつかはなければならないが、それなら今のように考える余裕もない時顧みようと。 わざわざ重いキャラクターだけ選択したのではない。 気に入る作品がそのようなキャラクターであった乞食.

生まれ変わるならばどんな性格を持った人物に生まれたいのか。

今より活発な性格ならばどうだっただろうか気になる時はある。 話もぷつんと投げてみて、行動もしたい通りにして。 習えとの職業上私なりに守らなければならない規則のようなものいくつあるが、もしそうしたこと考えなくて望み次第表現して生きる人になればどうだっただろうかと思う。 そしてそのような性格を持った私が同じように俳優をするならばどのように変ったか気になる。

この時間以後でヒョン・ビンの遊び計画が気になる。
今その場は作品を入りそうでないからひとまずちょっと休むことだが。 以前からしたいことは旅行だ。 ヨーロッパも良くて米国も良いが、自動車で運転して一人で離れる旅行をしたい。 どこへ行くべきか、何時出ることが出来るかはまだ未定だが必ず一度はしてみたいことだ。 他の見方をすれば最も自由な準備ができている人が私なのかも分からない。 (Marie Claire)
スポンサーサイト

| ヒョンビン | 10:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。