hyunbin fragrance

ヒョンビン大好き、好きなものだけを書いてるブログです♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10-asia

20091118024738_002013_[W850xH567]

ヒョン・ビン|“日顧みなければならない時点,私は幸せなのか?” -1

昨年今時分<彼らが生きる世の中>撮影現場で会ったがすでに1年が過ぎた。

ヒョン・ビン:この頃とても気が気でない。 出た本来このように忙しく仕事をする人ではないが良い作品を選択して,またその次作品に会って見たら1,2年の間ずっとプロ走っている。

“<私は幸せです>は一言で夜に酒飲みたくなる気持ち”
事実<私は幸せです>は<彼らが生きる世の中>以前に撮影を終えた作品だ。 昨年釜山(プサン)国際映画祭閉幕作と発表された以後1年を過ぎてまた見るとどうなのか.

ヒョン・ビン:苦しいことは全く同じだった。 (笑)代わりに釜山(プサン)映画祭時は集中してみることができる状況ではなかったが今回は見られなかった部分らをさらに見ることになって新しいことはした。

苦しいということはどんな意味なのか。

ヒョン・ビン:映画自体がゆっくり沈んでいる。 言葉で表現しにくいが,わけもなく夜に酒飲みたくなる気持ち? (笑)

ところでその沈んだ話を選択したのが本人だ。 (笑)ひとまず故イ・チォンジュンの原作小説の<チョ・マンドク氏>の主人公は30代中後半の残ろうと,彼が置かれている状況もまたとても苦痛だ。

ヒョン・ビン:原作より映画シナリオを先に見たが,事実シナリオ自体も今完成された映画に比べて主人公の年齢帯が高くて状況もちょっと違った。 ところで暗い話だが笑って読んだ。 笑わせたのでなく失笑を含んで見たものだがそれならそれがいったい何のためであろうか,その妙な魅力のために監督様に必ずやりたいと申し上げた。

<私は幸せです>のマンスは(狂う)及ぼす前にも目つきが無気力だ。 終わりが見られなく苦痛で貧しい人生で,さらにドラマチックな理由の所有者でもない。 大衆性が強い話でなくこの作品を通じて得ることができるのも明確でなかったようだ。 それにもかかわらずその苦痛のまん中に飛び込んだ理由が何か。

ヒョン・ビン:既存の他の作品らとシナリオの感じが違った。 事実私が万寿が上手なのかできないかは予測できなかった。 とても無責任な話であることは一ケ所‘あの上手にできます。 させて下さい’が違った。 上手にする自信がないと監督様に率直に申し上げたし,代わりに熱心にはするといった。 演技的な面と人間的な面で多くのことを学ぶことができそうだと考えたがその考えが違ってはいなかったようだ。

習ったということは例えばどうであることなのか。

ヒョン・ビン:そんなことがある。 ある瞬間一回ぐらい私を顧みなければならない時点,それがこの作品を通じて私の時合わせてきたことだ。 <私は幸せです>をとって自らに‘私は幸せなのか’という質問を投げてみた。 幸福,私自身,私の職業のようなものらに対して。 もちろん結論は出なかった。 (笑)波波終わりがないから。 だがその2,3ヶ月の時間が私には大きく作用した。 そうしてみる方々が私の演技に対してどんな評価を下すかは分からないがそれを離れて個人的にはさらに多いことを得た時間らだった。

“他の見方をすれば人々は皆が狂っている”

その間<アイルランド>の強国でも<雪の女王>の,テウンのように普通人ならば狂ってしまいそうである状況でもほとんど強迫的に理性を通じて感情を押さえ込むキャラクターらを主に演技した。 ところで今回の作品では最初から気違いを演技した。 一番精神で‘精神他人と関係を持ってしまった’演技をする経験はどうだったか。

ヒョン・ビン:苦しかった。 監督様にも申し上げたが撮影する終始あまり荷が重くて苦しかった。 ところで珍しいのが,その苦痛と苦しさ中でますます面白味を訪ねて行くことになったということだ。 事実その間演技したキャラクターらは私の中にあるどんな面を引き出したりもう少し誇張して作り出した場合が多かったが万寿というキャラクターは実際の出てきて接点がただ一つもなかった。 状況や性格などすべての面で。 それで目つきと動作するか,指をちっとも動くタイミングまで監督様と相談して作っていった。 大変な時間を持ちこたえるようにしたのはむしろそのような作業だった。

マンスが電気衝撃治療を受ける場面のような場合は見る人にもその苦痛がそっくり伝えられた。 声を出すことができないままで首に青筋が書庫の顔がますます赤くなる瞬間が印象的だった。

ヒョン・ビン:精神病と関連した映画と本を見て,実際に病気がある患者に会って監督様から聞いた情報まで総合して色々な想像をした後ベッドの上に縛られている時は全身に伝えられるその苦痛をどのように表現するか考えた。 顔がますます赤くなるのは本当に息をこらえてであったが,途中一度マウスピースを吐き出したのも息が止まるからだ。

そのように勉強をしてみた結果,いわゆる話す‘正常な人’と精神病者を分ける基準は何だと考えるか。

ヒョン・ビン:そのままもう少し激しいのと減ることの差であるようだ。 他の見方をすれば人々は皆が狂っている。 何にどれくらい(狂う)及ぼしているかの(埋まる)けって,それをどのように眺めるかにより分けられることだ。

それなら本人が人よりちょっと‘たくさん行く’したい面はないか。 (笑)ヒョン・ビン:その程度まで行くのは特別にないようだ。 (笑)

仕事中毒という(のは)話を聞くこともするんだって。

ヒョン・ビン:違う。 この頃が特別なケースだ。 私は新人の時も信じる隈一つなくてある作品終われば6ヶ月ずつ休んだ。 (笑)

20091118024735_002001.jpg




↓part2へ


20091118024735_002001_[W850xH567]

ヒョン・ビン|“事実美男は私より私の周辺の人々” -2

事実新人の時早くから注目されたし粘り強い成功を収めた。 初めて演技を始める時は何の考えだったか。

ヒョン・ビン:高等学校の時から演劇をした。 大学校でも演劇上手になっていて誰が映画オーディションを見に行こうといって行ってキャスティングになったし,休学して映画を撮った。 その時はそのまま,もう演劇舞台でないカメラの前で演技をするんだな考えた。 演技をする新しい空間ができて程度. 映画がうまくいったらそのままそのように考えたはずなのに作品が60%程度進行されてひっくり返るから誤記(負けん気)ができた。 学校まで休んで出てきて苦労したがそのまままた帰るのが嫌いだった。 それでこちらことに対して準備をした。 私が休学しただけに補償を受けたと思ったのもあったし。 (笑)率直に舞台とはまた他の面白味もあった。 正しくしてみるべきだとの気がした。

“スター性をついて行きたくない”

退く時期も私が決める,する性格であるようだ。

ヒョン・ビン:私が望まなかったとすればそのままキャント,と入ってきたことだ。 (笑)その時良い方々をよく会えてずっと仕事をすることができたようだ。 人福が多いのがいつも感謝する。

人福が多くするなら結局その人々が私が好きになってくれなければならないのに。

ヒョン・ビン:その方らが私が好むように作ったのだ。 それでも“愛しています”そのような表現をする性格ではないが。 (笑)時々ずつでも安否電話をする。 そして外に出て行ってどんな会合を持ったりという性格でなく作品を共にした方らと主にずっと交流をする。

作品が終わって休む間にはどのように過ごすか。

ヒョン・ビン:以前のものなどを全部捨てる。 配役に関連したものなどを捨てて,次の作品入ってきたことに対してもその時なって見る。 性格上何日だけでも他方に気を遣えばわけもなく私の仕事をみなしないような気がしてある作品する間には他の作品を見なくて,広告撮影もよくしないとする。 それで問題がちょっとできたり。 (笑)作品が終わればそんなにできなかったものなどをして,次の作品が決定されればその準備をする。 運動が必要ならば運動を,ピアノが必要ならばピアノを。

‘捨てる’という面で既に積んだ,あるいは持って生まれたものなどをあえて活用しないという感じもある。 容貌的な長所があるのにそれをあえて壊そうとすることはないけれど表わそうとすることもないようだ。

ヒョン・ビン:事実別に意識しない。 容貌に対して気を遣うならば微妙に体重調節をする程度だ。 信じないことだが,<私の名前はキム・サムスン>のような場合は1回の時80kgだった。 ある作品終われば普通4,5kgが抜けているからあらかじめ太らせておいて始めたのだ。 陥っても76kgがかなり。 (笑)そんなことのほかは状況に合わせておよそ六両調節をする。 運動が必要な神がいれば体脂肪をなくしておよそ六両で重さを満たしておいて,<彼らが生きる世の中>のような場合はドラマ監督という(のは)職業上運動を取りまとめてできそうでなくて最初から運動をしなかった。

本人の顔に対してはどのように評価するか。

ヒョン・ビン:他のものは分からないが服やヘアースタイル,メーキャップによりたくさん変わる顔だ。 それは良い。 そしてよくできたとか美男とかする言葉は,聞けば感謝することは一ケ所事実別に神経は使わない。 私より私の周辺に多いのではないか。 (笑い)
しかし相変らずヒョン・ビンという俳優のスター性を活用するほどの企画や作品らも入ってくるはずなのにあえてそんなことを選択しようとしないようだ。

ヒョン・ビン:そのような作品らが入ってくることはするのに今まではそのまま私の考えと合わなかったようだ。 その作品が良くて悪いのかを離れて特別な魅力を感じることができなかったのだ。 もちろんスター性ということを捨てる訳には行かないがそれをついて行きたくもない。

“結果は関係なしで気に入る作品は無条件で見る”

そのような面で<チング,俺たちの伝説>は非難されることができながらも始めるといった作品だ。

ヒョン・ビン:そうだ。 それは始める前に悪口から聞いた。 (笑)発も漬けなかったが色々な話らが出てきた。 周囲では皆しなければ良いといった。 映画のイメージがとても強くて先輩らの演技が優れたので私がドンスという人物をよくやり遂げても大変なこととし多く引き止めたが私がそのままGoしたことだ。

だが結局後半でますます映画でチャン・ドンゴンが演技したドンスと違ったキャラクターを構築したようだ。 どんなドンスを表現したかったか。

ヒョン・ビン:映画にはなかったジンスクとのメロがたくさん追加されてもう少し感性的なドンスを作った。 戦う神(靴)でも,映画と同じアングロとってもその前後状況らで涙を流したりジンスクとの関係があらわれて雰囲気が緩和された。 一番大きい差別点はドンスだけのメロであったようだ。

終わって見ると<チング>を通じて得たのは何か.

ヒョン・ビン:2001年,私がデビューもする前の学生の時夢見た作品をクァク・キョンテク監督様および同じスタッフらと一緒にしたとのことが最も大きかった。 台本リディンハは場面から撮影してモニターをしながら表情を作ってキャラクターを積み上げた過程,共に日韓人々など多くのことを得た。

開始前にはそのように得ることができるのが何か不透明な状態だったはずなのにそれでもひとまず怒鳴る性格なのか。

ヒョン・ビン:本来そうだ。 私が気に入ればそのままする。 ひとまずこの作品はしてみたいという気がすれば周辺状況よく見ない。 結果がどうなろうがそれは以後の状況で先に選択してとる。

だが市場中で演技をするだけに俳優には本人の努力劣らず作品ウンド重要だ。 初めに考えたようにうまくいかない場合もあって,それによって予期できなかった道に行くこともできる。 次に何をするのか選択することに対する恐れはないか?

ヒョン・ビン:ない。 しばらく誤ればしばらくまた戻れば良い。 どうせどんな作品でも結果は分からないから。 そして私が作品を選択して行く間周辺の人々が状況をチェックするはずだがずっと進行になって彼らがOKサインを出すのは大丈夫であるものと考える。 それでいつも視聴率や観客数に対して“私はそれと関係がありません”と話すのは本当に結果が私の役割ではないためだ。 代わりに結果が出る前カメラの前で最後まで最善を尽くすのが私の役割だ。

“ずっとキャラクター名前で呼ばれること,それならばなる”

<私は幸せです>でわざわざ演技変身を狙ったのではないと話したように,変身に対する強迫より毎度尋常に他の作業をしているだけという気がする。

ヒョン・ビン:周囲で<私は幸せです>以後とった作品等を見て以前に比べてはるかに演技が上達したという話をする。 この作品を通じて一人で考えることができる時間をたくさん持つことができるからだったようだ。 事実私が毎度前作らを捨てるとしても身についているのをなくすことは容易ではない。 ところで幸いそのようなことが出来るようにする監督様を次々と会っているようだ。 ユン・ジョンチャン,ピョ・ミンス,クァク・キョンテク,キム・テヨン監督様全部新しいことを希望される。 既に私がした,人々の頭に刻印されているヒョン・ビンの演技パターンを願わない。 それで捨てるほかはない。 それでもそれがみな私のからだでなくなるのではないから少しの間後方で押しておく。 いつか年を取って延期(煙,演技)を継続してみるならばそれらもまたよく組み合わせさせることができるようだ。

キム・テヨン監督と共に準備している映画<晩秋>は60年代初めて作られた作品だ。 原作は追われる青年と模範囚女性のメロだったが新しく演技する立場でどんな魅力を感じるか。

ヒョン・ビン:シナリオがおもしろかったし,この基本的なストーリーが60年代に組まれたことならば本当に洗練された作品だったと言う気がした。 <晩秋>は今回が四回目リメークなのに事実先立って作られた作品らはわざわざ見なくなっている。 撮影に入る前までは一人で準備してその直前に見るつもりだ。

<色,系>で知らされたタンウェイとパートナーになってそれに対する質問をたくさん受けるだろうが作品を控えて実質的に最も悩みなる地点は何か。

ヒョン・ビン:どうしても言語だ。 グローバル プロジェクトと100%英語で進行されるのに<友人>時言語の壁を一度感じて負担がより大きい。 <チング>の釜山なまりは我が国話にもかかわらず言語に気を遣って見たら感情が後退される部分らがあったが,英語という全く違う言語で私がどれくらい感情を引き出せるか悩みだ。 韓国に入ってくる前タンウェイとリーディングをして,色々な話をほどほどにしてみたがパートナーはもちろんスタッフらも大部分外国人であるからその壁をなくすのが重要なようだ。 撮影前まで会話コーチとずっと話をして言語に対する距離感をなくそうと努力するつもりだ。 そして監督様と相談したことでは,作品の中私のキャラクターが米国にきて3年しかならない友人ととてもネイティブ発音が必要なことではないからひとまず感情を最優先ですることにして心が若干は楽になった。

ヒョン・ビンという名前よりキャラクターの名前で記憶されたいといった。 だがキャラクターをよく遂行やり遂げた時人々の記憶に残るのはヒョン・ビンという名前に対する信頼だ。 アイロニーなのではないか。

ヒョン・ビン:事実昔には嫌いだった。 <アイルランド>が終わって人々が私を私の名前でなく‘国が’と呼ぶ時はそれが嫌いだった。 ヒョン・ビンという名前が呼ばれなければなければならないと考えた時期だった。 とてもおろかな考えだったよ。 (笑)ところで<私の名前はキム・サムスン>が終わっても私は私の名前の代わりに‘サムシギ’と呼ばれた。 ずっとそのように過ごして見たらますますそのように呼ばれるのがどれくらいうれしいことで幸運なのか知ることになった。 それでいつかからは私の名前が全く議論されないで作品の中キャラクターの名前で呼ばれるのがはるかに幸せだった。 それならばなる。
スポンサーサイト

| ヒョンビン | 17:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。