hyunbin fragrance

ヒョンビン大好き、好きなものだけを書いてるブログです♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クァク監督インタビュー

クァク監督ニムのインタビューです。

とにかく長いです。

途中で畳みます(^^ゞ




クァク・キョンテク "ドラマ '友達' キャスティング論難は…"

"ドラマが映画真似内線だめで… ヒョンビン·ギムミンズンだけの魅力感じること"
"俳優のため 'ヌンヌンイイ' 参加… またハン・ソッキュと取ったら今言いぐさ書く事ができないaようにすること" 
男性映画に強いクァク・キョンテク(42) 監督が映画 '目に目は目,歯に歯は'(製作太原エンターテイメント/以下 'ヌンヌンイイ')で夏オンシーズン大作映画競争に最後に合流した.

ハン・ソッキュとチャ・スンウォンが主演を引き受けた 'ヌンヌンイイ'は 'うちの兄貴'を演出したアングォンテ監督がメガホンを取ってから中途に郭監督にバトンタッチを一作品で完璧な復讐を夢見る一男(チャ・スンウォン)と彼を追撃する刑事(ハン・ソッキュ)の話を取り上げた.

去年封切りした '愛' 以後しばらく息をつくひまもなく 'ヌンヌンイイ'という大型プロジェクトを引き受けるようになった郭監督は "'愛'を終わらせておいてハワイ映画祭行って上だけ受けて 1泊 2日とどまった後ソウルへ来るやいなやすぐ現場に投入された.体力的にたくさんくたびれていた状態だったがもう撮れた分量を編集して以後取らなければならない分量といかすことができる分量をすぐ判断しなければならなかった.その時からロケハンティングとコンテ作業,シナリオを同時に進行して撮影までしなければならなかった.こんなにゴ-ルビョングになるようだった"と撮影期間の険難な過程を説明した.

自分のアイディアで始まったプロジェクトではなかったが主演俳優たちが消化しなければならないインタビューまで引き受けて映画製作過程の最後の段階である広報マーケティングまで直接責任を負う姿を見たら郭監督が他に今日の席に上がったのではないねたい.

商業映画デビュー作 'オックスタング'から 'ドクターK','友達','チャンピオン','トングゲ','台風','愛','ヌンヌンイイ'まで二つ三つの回を除くと 1年に一篇体たらくで映画を演出することができた力に対して問うとただちに "'台風'は 3個作品でチョズォはする.それがいくら苦労をしたことなのに…"と言いながら "その間総 10編演出したこととようだ"と言う答が帰って来る.

映画監督で生きて行く楽しさについて "私はたまに後輩監督たちに '遊べば何をするつもりなの,映画撮るの'という言葉をよくする.私が若い年に一作品成功したと好い気になるとか一つ失敗したと潰れている必要がない.一番幸せな時は映画撮る現場にある時だ.たまに私が三人の人なら良いだろう.一人は企ててまた一人は編集してもう一つは撮影して…"と言いながら "実は監督で生きて行く事と言う(のは)そのまま生存するのだ.サバイバルするのだ.忠武路が私を信頼して私がしたい映画を楽にさせているのではない.自尊人を傷つけられる過程も多い.しかし良い文があれば良い.私が良いシナリオを持っていたら機会はいつも来るようにものと決まっている"と言った.
次はクァク・キョンテク監督との一問一答.

-アングォンテ監督との義理のため他人達がすべてやめさせる共同演出を決心したか.

▲この席を借りてその部分を修正したい.何人の記事にアングォンテ監督と義理のため私が演出を受諾したという記事が出たが中監督との関係もあるが太原情態院社長との関係がもっと重要だった.前作である映画 '愛'は大部分の投資社で皆断られた作品だ.こんなに難しい時期にこんなオールドした雰囲気をあげてナオニャであり皆反対した.しかし情態院社長だけは "話に強点がある"と投資を決めてくれた.またクァク・キョンテクが演出するという理由で無条件投資した.一緒に作業しながら本当に良い雰囲気だった.ところで本当に社長が "郭監督,一番(回)だけ手伝ってくれて"と言いながら提案した."私が難しい時一度手伝ってくれたんじゃないの"という話もした.それにアングォンテ監督は私の弟子と同時に私がデビューさせた友達だ.他の監督より私が演出を引き受けることが中監督が演出した部分をもっといかすことができる道と思った.初めにはシュポバイジング位ばかりしてしまおうとした.二つの現場を一緒に運営する方法も思ったが不如意だった.そのため "中監督,これまで引き受けて来ると苦労した.半分は私が乗って行く"と整理した.

-アングォンテ監督の退いた理由は映画のスケールを手におえなかったからか.

▲'ヌンヌンイイ'が初めて撮影に入って行ったのが去年 6月だ.私は 5月から盛り '愛' 撮影をしていた.当時はしばらく韓国映画市場でお金が引潮のように抜け始めた時点だ.投資社たちが普段製作された予算の 1/3を与えながらしようとすればしてないでねならないでねとする時だ.万である私がはじめからそんなプロジェクトを引き受けたらシナリオを大幅に修正して予算を合わせたでしょうに,中監督は盛んに若くて覇気にあふれる時ないか.'熱心によくして見よう'は心で始めたが初撮影地を済州島で取ったことが不運だった.済州島は天気が非常に気まぐれな所だ.天気があまり中よってくれたら一週間近く何も撮影できなくて遊ぶ赤道イッオッダだったよ.スケジュールはタイトするようにつかまっていて天気は手伝ってくれないaからシーケンスがまともに締め切りのできる事が発生した.'ソウルで補充撮影すれば良いでしょう'と思ったが結局そんな事が累積して見るとガムダングのならないa状況が起ったことだ.投資配給する方では全体佳篇集本でブランクがたくさん生じたら不安になり始めたし結局私が投入されたのだ.

-映画全体分量で見る時の内監督と郭監督の取った分量が何台何人家.

▲二人の分量が半々だから見れば良い.特に一般時事で観客たちが大好きで準カチェイシング場面は中監督が大部分取ったのだ.私は '台風'で大規模アクションをもうやって見たからカチェイシング場面がどのようにすればもっと極大化されたように見えられるのか分かっている.大きく危ない場面たちはもう中監督が取っておいたし私はそんな場面たちを極大化させるためのブリッジショットたちを取って添付した.



-義理も重要だったがストーリーに魅力がなかったら気経に演出決心がする事ができないgのに.

▲実はこの話に参加して見ようと決心した最大の背景はハン・ソッキュ先輩と車(僧院)俳優二つの演技者のためだ.ハン・ソッキュという学ぶ私が演出を始める当時空みたいな演技者だった.チャ・スンウォンは一番(回)も経験して見なかったが必ず一度して見たい演技者だった.どうせ男たちの話だから私の長所を解いておくことができると思った.

-ハン・ソッキュ,チャ・スンウォンに対して話す時なら前作 '愛'のジュ・ジンモ,ギムミンズンのような愛情が映らないa.とても尊重するがこっそり距離感も付け出すが.

▲二人の俳優との関係は男と女が恋愛することと比べて見れば良い.初めにはお互いに牽制もして負担も感じてするがどの瞬間そんな牽制が必要ないということを分かるようになってした瞬間に心を開くようになる.二人ともそうだった.二人の俳優皆とてもマナーが良い人々だ.私が多くの名医塔演技者たちとともにしながら感じたのは長い間大衆から愛される人々には共通点があるということなのに本当にマナーが良くて自分の管理が良いというんだ.

どうしても限り先輩や車学ぶ私が初縁を作った人ではないから良い関係で親しく過ごしたりしたが私がはじめからキャスティングした他の俳優たちとは違うように表現になったようだ.どうしても監督と俳優の間にはキャスティング段階でドラマが一番多いから.

-ハン・ソッキュは演技生活内外でまじめで礼儀正しいことで有名だ.しかしウェゴ-ルスみたいな正しい生活男のイメージが延期を一方向に規格化させるという感じもある.

▲俳優たちはいつも変身を悩む.それはハン・ソッキュ先輩も同じだ.新しい姿に変わらなければならないのになんかあたりまえな作品がないかいつも悩む.自分ばかりの延期が持った典型性から脱したいのだ.万である私が一先輩ともう一度するようになればソウルの言葉が使う事ができないaようにするつもりだ.絶対現在の言いぐさが使う事ができないaようにするつもりだ.

-他の例だが 'ダークナイト'のヒスレジャーみたいな俳優はどうなのか.彼の自殺した原因が作品にすぎるほど沒入したのにあると思う人々もいる.

▲実はある時はそんな俳優が好きな時もある.作品に限りなく落ちこむ俳優言葉だ.しかし彼らはあまり振幅がひどい.そうしたら人生が長く行けない.波長自体が短い.私も同じだが一先輩や車俳優のように演技者たちもサイクルの底点と高点が大きい差なしにゆっくり長続きすることができれば良いだろう.

-映画 '友達'をドラマで作るのが記事化されてからネチズンたちの反応がおびただしかった.

▲実はこの前には '友達'のアウラから脱しようと哀悼たくさん使った.しかしこれからはそのまま乗って行こうと思う.(笑い) 絶対そのアウラから脱することができないの悟った.初めてドラマで作ることに決定をした後シナリオを書く前怖じけた.どうしても TVでは映画位守衛を強く行くことができないはずだから.私が勇気を持つようになった事がある.SBSで映画 '友達'をダビングで編集して放送した.その位守衛なら大丈夫だね思った.

-シナリオはいくら出たか.

▲20回の半分位出た.シナリオそのもので面白く移る.10月中旬から子役分量を先に取って 11月末からスタジオリハーサルを始めて来年 1月からヒョンビン,ギムミンズンと見た撮影に入って行く.放送は MBCでする.今度はジンスックイのレインボー 3人方の話が重要に追加される.映画になかったメロコードが入って行ってくれなければならない.ジンスックイを含んだ女主人公 3人はオーディションで抜く計画だ.

-ヒョンビンとギムミンズンのキャスティングに対してネチズンたちの間に論難がおこったが.

▲ネチズンの間の論難に対して本人たちも分かっている.この間にヒョンビンが '監督様お酒一杯買ってください'真書会った.会うやいなや '私ちょっとよくしてください'していたよ.ヒョンビン本人と懇意な先輩であるチャン・ドンゴン抜いてからは周り人皆今度キャスティングを反対したことで分かる.ヴィンやミンズンやいくら負担が大きいか.しかしドラマは彼らばかりのカラーで出ると当たる.映画を真似ってはいけない.私がこの友達の可能性を確認したから今度キャスティングを推進した.私がいかすことができる彼らばかりの魅力を見た.作品をする時そうなこともなしに演技者を決めたら本当に頭痛い.心細くて耐える事ができないa.しかしヒョンビンとギムミンズンから得ることができる魅力に私は充分に見た.

(韓国日報)



来年早々には撮影開始なんだね。
やっぱり映画が当たってるだけに俳優さんも監督ニムも
プレッシャーや負担が大きいのかも…

私はまだ映画は見てないの。
ドラマを見るまでこのまま見ないつもり。
そのほうがすんなり入ってきそうだから。

ビニは忙しい年末年始になりそうだね!
ファイティン!
スポンサーサイト

| チング | 16:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。