hyunbin fragrance

ヒョンビン大好き、好きなものだけを書いてるブログです♪

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秘密の花園、singles

2583161.jpg

'シークレット ガーデン'関係者"ジェボム、ヒョン・ビン? 確定名簿ない"

"チャン・ヒョク、ヒョン・ビンジェボム、誰も確定した人はない"

来る11月放送されるSBS TVドラマ'シークレット ガーデン'のキャスティングが難航している。 'シークレット ガーデン'は当初チャン・ヒョク、ハ・ジウォン、ユン・サンヒョン、キム・サランなどが主役を演じる予定だった。 また、ジェボムが合流する予定なのでより一層大きい話題を集めた。

だが、ジェボムの出演が不透明になりながら同じ釜の飯を食べているチャン・ヒョクとキム・サランの下車説が飛び交っている状況だ。 三人の所属会社はサイダスHQ. だからひとりの出演が不確かな場合、大挙総入れ替えが予想される。

また、チャン・ヒョクの下車説が飛び交う中でヒョン・ビンにシノプシスが伝えられたと分かった。 これと関連してドラマ関係者は"その誰もキャスティングが確定しなかった"として"正確な名簿はむやみに話をすることができる段階ではない"と伝えた。

サイダスHQの関係者やはり"チャン・ヒョク、キム・サランジェボムの下車というには誤解の素地がある"として"単にキャスティングが確定しなかった状況"と解明した。

ヒョン・ビンの所属会社のAMエンターテイメント関係者やはり"シノプシスだけみた状況で、出演の可否が確実でない"と伝えた。

'シークレット ガーデン'はゲームと現実を行き来して成り立つ愛を扱ったファンタジーメロードラマでSBS TV 'パリの恋人' MBC TV 'オンエア'のシン・ウチョルPDとキム・ウンスク作家が共に呼吸を合わせた作品だ。
(TVデイリー)

2010082517282442346_1.jpg

ヒョン・ビン側"'シークレットガーデン'提案を受けた...決定無"

俳優ヒョン・ビンのSBS週末ドラマ'シークレット ガーデン'出演可否と関連、所属会社側がシノプシスを受けたことは合うがまだ決定されたことがないと明らかにした。

25日ヒョン・ビン所属会社側関係者はマネーツディ スターニュースに"ヒョン・ビンが'シークレット ガーデン'シノプシスを今週に受けた"として"ヒョン・ビン氏がシノプシスをおもしろく読んだと理解する。 ただし出演と関連して決定された事項はまだない"と明らかにした。

引き続き"ヒョン・ビン氏が次期作を選定しなければならないのは合うが時間を設けて見守らなければならない問題"と話した。

当初'シークレット ガーデン'はチャン・ヒョクが男主人公キム・ジュウォン役を担って出演する予定だったが、チャン・ヒョク所属会社サイダスHQでチャン・ヒョクと共にキム・サランに続き再犯まで出演を要求しながら製作会社側と少なくない論議をかもしてきた。 これに下車の話までふくらんでいる状況だ。

ただしヒョン・ビンの出演可否に対して'シークレット ガーデン'製作会社関係者は"まだチャン・ヒョク氏の下車可否、ヒョン・ビン氏の出演可否など何も決定されたことがない。 近い将来キャスティングと関連した事項を決めるだろう"と言葉を慎んだ。

一方'シークレット ガーデン'はゲームと現実を行き来して広がる事件と愛を描くメローファンタジードラマで、チャン・ヒョクが演技するキム・ジュウォンという(のは)人物はデパートを運営している財閥だ。 特に傲慢さの結晶体ということができるチュ・ウォンはライムという(のは)女に会いながら新しく変わる自身を見ることになる。(スターニュース)

**************************************

ビニもジェボムくんも決まるだろうか…
ジウォンちゃんはいいね~w

ウリトンセンも見そう(爆)

でも「秘密の花園」と聞くと聖子ちゃんをすぐ思い出す私は
年齢がばれてしまうっすね(^^ゞ



もうウリチングたちやあちこちのペンブログさんで上がってますがウリ記録用に^^;
singles201009_8.jpg
singles201009_10.jpg
singles201009_9.jpg


현빈이라는 낯선種 (ヒョン・ビンという見慣れない種)


ヒョン・ビンは20代青春の最後の地点を急がないでゆっくり通過するところだ。 悦楽と同じだった過ぎた日の撮影現場で彼は多くのキャラクターと教頭を経る中で熟していく稲のように自らを成長させてきた。 からだに優雅にバン静中動のムードは彼という井戸でくみ上げた、過ぎた青春の跡だ。 それはヒョン・ビンらしかったし片方では見慣れなかった。

singles201009_6.jpg

ブラック革ジャケット、インナーで着たブラウン阻止トップ(のこぎり)、ベージュ パンツは全部リーク オウェンス、ブラック送検ディテールのウォーカーはアン トゥムィルミスト、流れるブラック サックスはスタイリスト所蔵品.

ヒョン・ビンは単独で、ある瞬間静かにスタジオに入り込んだ。 このトップ(のこぎり)俳優らしくない淡泊な登場でも察することができるように彼は動でない静に近い人物だ。 ただ一瞬も、無駄に鋭敏になってコップさえ緊張するようにさせたりあるいは反対に揺れ動く躁症のエネルギーに巻きこまれたようにふるまわない。 ひたすら眼に触れたのは<晩秋>の撮影を終わらせた後しばらく育てた髪の毛が強靭なアゴの線すぐに近所まで格好良く曲がりくねって降りてきているということ程度であった。

彼は今20代の最後の地点を余裕があるように通過している。 最も熱い時期を撮影現場で大小の悦楽と共に立ち寄ってきた男は、幸い身を置いた世界との教頭の中で自らを成長させることができた。 そして分かってみると彼の草食動物のエティテュドゥは激しい悩みと節制の結果だった。 精一杯稚気を表わしても大丈夫である瞬間にも決して一喜一憂しない寡黙さまん中で自身を鍛えてきた中深い熱血青春. ヒョン・ビンは自分だけの外皮を固くまいている彼の過去キャラクターらと非常に似ていている。 そして彼は人間ヒョン・ビンで日常の生活も生きて俳優ヒョン・ビンで現場の人生も生きるためにとてもたくさん考える、俳優としては珍しく見慣れなくてうれしい鐘だった

singles201009_5.jpg

ブラック ラウンド ニット、ブラック ロング カーディガン、肩にかけた絡まるということディテール グレーマフラーは全部ジェヒ神(靴)、ブラック パンツはラン方.

<スヌプ>を読んでいる姿が印象的だった。

ア、心理に関する本なのに人々に対してある程度分析することができる。 人を表現して人に絶えず会う仕事をするから自ずと関心が多くなった。 書店で最初のページを読んでみて大丈夫そうで買ったが読めば読むほどおもしろい。

普段の人をよく観察するほうなのか?


かなり上手にする、ハハ。 穴があくように見る。 今日ここでも慇懃たくさん観察した。 私たちはみな他の紙だから。

アハ、鐘?

合う。 種! 同じ種族だが同じだというにはとても他のキャラクター、他のクセとジェスチャーを持っているのではないか。 詳しくひとりひとり見れば各自とても特異な、個性的な姿を持っている。 そんなことをよく見ておいて記憶しておけば後ほど作品する時役に立つ。 一つでもさらに鮮明に近づく。

今年3月に<行く秋>撮影が終了したが、今まで何をしながら過ごしたか?

撮影がシアトルで終わってすぐにハワイで旅行してきたし、ソウルにきてはゆったりとしていた中で忙しく送った。 本も読んで運動もして。 時々撮影もほどほどにして。 良く過ごした。

旅行をたびたびするほうなのか

好む。 大部分は作品終わって休むために行くほうだ。

旅行地では怠けているか、勤勉なのか?

とても怠ける。 寝てご飯食べてタニングと水泳するのが一日日課だ。 外にもほとんど出て行かない。 一日中プール中にあるとみれば良い。

音、女性ファンらのためにソウルのプールにも現れれば良いでしょうに。

もちろん私は行きたい、ハハ。 だが、私だけ不便なことは関係ないのに共に行った友人らまで具合が悪くなるから申し訳なくて行けない。

singles201009_7.jpg

レッド&ブラックのそうなのかあるチェック シャツはミハラ・ヤスヒロ、インナーで着たカーキ カラーラウンド トップ(のこぎり)はTアレクサンダー王、グレーデニム パンツはリングbyエクル、十字架チェーン装飾のパンツはティスクゥェオドゥ、ブラック ベルトはニルバレッ、ネイビーとワイン カラーのハイ トップ(のこぎり)シューズはラン方.

休む期間が長くなれば仕事がしたくてある瞬間いがみ合ってすることになりはしないか?

この前までは<友人> <私は幸せです> <彼らが生きる世界>を相次いでした。 私がなぜこのように走るだろう、じっくり考えてみたところ短い時間中に望んだ作品をすべて聞いてきてことだけだった。 本来はある作品終わらせて6ヶ月以上休むことが茶飯事だ。 そのように休みながら一度も‘これくらい休んだからこれからことほどほどにしよう’あせってしたことがない。 機会がきて気がすれば自然にするのを好む。

もし休んでいるのにシナリオがずっと入ってこないならばどうするべきだろうか?

それでは、そのままずっと休むこともできる、ハハ。

<晩秋>に対して心配しているこれらが多い。 タンウェイとの作業、キム・スヨン監督のリメーク作ということ抜いて知らされたことがない。 インターネットに上がってきた写真の中ヒョン・ビンはとても干からびるとみられた

寂しいキャラクターだ。 だが、表面にはいたずららしい。 中に何かがあるがとても少しの間、さっと見えるだけだ。

タンウェイとの作業はどうだったか。 対話が円滑に通じる相手ではないので困難が多かったようだ。

どうしても奥深い話が行き来することができる雰囲気ではなかった。 言語的にも、撮影システムも。 米国は12時間撮影すれば無条件その日仕事が終わる。 だがそうしたのは覚悟したことであったから。 大きく近づいたのは延期スタイルがあまりにも違ったということであった。

どうである点が最も違うか。

例をあげればリディンハゴナリハーサルする時タンウェイ氏はカメラをすぐに回してもかまわないほど似るようにする。 そのような過程を経て自らを補完していくことだ。 反面私はリハーサルの時50%も見えてくれない。 代わりにこの時感じたものを持って激しく悩んだ後撮影する時100%を持っていって満たす。 そのような状態の私を相手に毎度感情を合わせて行動をしなければならないからタンウェイ種が骨を折ったことだ。 度々またして、またしてそうした。 方式が違うから共感をできなかったことよ。 だが、少し過ぎる作品やキャラクターに対してお互いの考えが同じであることを知ることになったし、よく理解することになった。

20代をすべて俳優の履歴で満たしてきた。 ここらで一回ぐらいあなたの俳優論を聞きたい。 習うというからだを使う人なのか、頭を使う人なのか、感情を使う人なのか。 今あなたはどの悟りにさらに近いか。

結局感情であるようだ。 習う人の心を動かす職業だ。 いくらからだをよく使うとしても、頭でいくら計算をするとしても結局テクニックに終わればある瞬間みなばれる。 もちろん心より中にあるのをよく表現するためにはからだと頭を使うことにもよく熟達していなければならない。 それでずっと勉強という(のは)ことが必要なようだ。 人々もたくさん見なければならなくて、観察しなければならなくて。 特に人に会って習うのが最も大きいと考える。

*詳しいインタビューは<シングルス> 9月号で会うことができます。(singles HP)

スポンサーサイト

| ヒョンビン | 07:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。