hyunbin fragrance

ヒョンビン大好き、好きなものだけを書いてるブログです♪

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インタビュー(中央日報)

htm_20091124024239c000c010-001.jpg

低予算映画‘私は幸せです’で精神病者役ヒョンビン
今まで聞くことも見ることもできない経験しました,貴公子は忘れてください

花美男スターたちにはどうしても一種の強迫があるようだ.彼らは神さまが降りた身体的強点を祝福ではない荷物で受け入れる.演技力でオロッが認定を受けなければならないといういらだちながら.ドラマ ‘私の名前は金三旬’,映画 ‘ミリオネアの初恋’などで貴公子イメージを固めたヒョンビン(27).彼が ‘鳥肌’‘青鉛’のユンゾングチァン監督が演出した低予算映画 ‘私は幸せです’に手数費に近いギャランティーを受けて出演したことも率直に言えばそれほど映る.彼のちょっと突き出された歩みは “切れみたいな外貌が荷物だった”と言ったチャン・ドンゴンが 2002年キム・キトック監督の ‘海岸線’に出演を自ら要望した仕事を浮び上がるようにする .

26日封切りする ‘私は幸せです’でヒョンビンが引き受けた精神病者マンスは彼の元気な焦燥,言い換えれば演技欲心があくまで触れているかを見当をつけるようにしてくれる.狂ってしまう前万寿は痴ほうにかかったお母さんの面倒を見る親孝行だ.しかし黄色さに及んで弟(妹)を殴って脅かすのを事として死んでしまった兄さん(型)のためやくざたちに毎日のようにひどいいじめられる.出口が見えないトンネルみたいな生の重さを耐えることができなかった万寿は狂ってしまってしまう.精神病院に行った万寿は幸せになる.周辺人々に紙に数字を使って小切手と言いながら人心良く配る.今日内であるする重い患者お父さんの面倒を見るために心身がくたびれた看護婦スギョン(イボヨン)ドッグ ‘小切手’を受けた人の中で一つだ.

“実は私に入って来たシナリオではなかったです.所属社理事が一度読んで見なさいと主神ことでした.まだその晩がありありと思い出します.自分の直前だったが,読むやいなや理事に電話して ‘私これします!’ しました.”

電話を切り終わるとどっと怖かったそうだ.“これをどのようにする?たいのです.(笑) その瞬間からこの映画に ‘スタンバイ’になったようです.” マンスが 30代中·後半で 30代初盤で,理髪師からカーセンター整備工で設定が変わったこともヒョンビンのためだった.

“してからは多くのことを学ぶことができるような作品だったです.撮影しながらも自分自身に ‘私は今幸せなのか?幸せだったらなぜ?’ 同じあらゆる質問をのべつ幕無しに投げて見ました.経済的窮乏やそれによって精神疾患を病むとかする状況は私が今まで聞くのも見るのも経験することもできなかったのだったからです.”

マンス役は事実上 1人2役に違いない.親孝行ながら不幸なマンスと,及んでからむしろ幸せなマンス.二つのマンスを交賛に行き交いながら見せてくれる生のアイロニーはこれよりもっとやや苦くて錯雑ではない.カラオケで老けたお母さんを仕えておいて胸が裂けてしまうように歌を歌う場面は出口ない善良な青年の生を圧縮的に見せてくれる場面だ.

“去年釜山映画祭閉幕作で上映された時ご両親が一緒に見ました.他の時ようならばお上手だった,それとも苦労した話をなさるはずだが宿所に行く車の中で始終どんなお話がなかったです.そうしたらお二人様が ‘とても息苦しい.焼酒や一杯飲みに行かなくちゃいけない’と言うんです.(笑) お酒一杯飲みたくなる映画です.”

映画を見てからはお酒ではなくて入る考えがもう一つある.別に惜しいことないこのハンサムな俳優の演技欲心が欲心で止まなかったなと言う気持ち良い感じ言葉だ.(中央日報)

***************************************


あんにょん^^

寒い毎日が続いてますね~

こちらも雪は降らないけど毎日寒いっす!

かわいい韓国のトンセンちゃんがサジンを送ってくれました♪

n-1.jpgn-3.jpg
n-4.jpg


映画「2012」を見に行ったんですって。

その時「オンニに~ 」ってパシャリ  してくれたそうで。

n-2.jpg

ラネも撮ってくれました^^

ナヘングが公開されたらすぐ見に行きますよってもうチケットも

買ってるそうで。嬉しいですね~(*^_^*)

デカデカポスターほしいな~~
スポンサーサイト

| ヒョンビン | 07:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マックスムービーインタビュー

091119ha11.jpg

[インタビュー] 私は幸せです①
ヒョンビン “ドンゴン兄さんが私のロ-ルモデル”


[マックスムービー] 真剣で物静かだった.静かな言いぐさに崩れない姿は今の女友達と一緒に演技したドラマの中キャラクターとたくさん似ていた.花美男外貌のヒョンビンを置いて模範生みたいなイメージの俳優と言った放送,映画界人々の言葉が違わなかったことを直接会って話を交わして見たら分かった.

秀麗な外貌おかげさまでデビューの時から注目受けて来たヒョンビンは演技する作品ごとに重たい重みを与える俳優に成長して来た.出演したドラマや映画が大衆の関心をより少なめに受けた作品でもヒョンビンの演技力を大きく捐下する場合はあまりなかった.“したい演技をして来ただけだ”と言う彼だが,常に新しい何かに挑戦するキャラクターだったし発展した姿だった.誇大妄想証にかかった私はヘングボックハブニダの万寿もその延長線上にある役目だ.今度私は幸せですを通じて通り過ぎた時間を振り返えることができる余裕を持つようになったという俳優ヒョンビンを去る 16日午後江南の一カフェーで会った.

◎言論試写会で原作であるゾマンドックシを失笑を含んで読んだと言ったがどんな点でそれはが?
初めて出たシナリオをそれほど見た.本はその後に見た.シナリオは原作の内容と時点が少し違う.ところでこの憂鬱な話を失笑を含んでみた.多分精神病院で起こることをそれほど見たようだ.今考えて見れば主人公マンスが病院で幸せな生を暮すようになりながら現実での重さたちを減らす部分でそうだったようだ.

◎完成された映画を見たらどうなのか?
見る度に息苦しい.去年釜山国際映画祭で初めに見た時は作品に耽っては見られないg.今度また言論試写会で映画を見たが,息苦しいのはまったく同じだったよ.映画自体が息苦しいんじゃないの.沈んでいて.反対に少し経って考えて見ればそんな息苦しいものなどで ‘私は幸せだ’と言うのを感じるようになったようだ.マンスやスギョンがよりは幸せな生を暮すグナというの.

◎ある点にひかれたか.
初めにシナリオを見た時感じたことが最大の理由だった.私がどうして笑いながら見ようか?この作品をしてユンゾングチァン監督様に学ばなくてはならない,また演技力がプラスになるはずだという考えなかった.妙な感じが不思議でもあったし,この作品の魅力がなにかに対しても考えさせた.その点一つにこの映画をしなければならない思った.

◎ある部分にポイントを週で演技したか?
どうしても万寿の違って来た姿だった.現実での万寿と病院の中でのマンスの目つきや行動たちを違うように見せてくれたかった.

◎映画私はヘングボックハブニダを通じて俳優ヒョンビンが得たことはなにか?
演技的な面はよく分からない.滲まないgというのではない.余裕がちょっと生じたようだ.カメラの前に立つ時も作品を見る時も余裕が生ずるからこの前に見られなかったものなどを少しずつ見るようになるようだ.

◎余裕以外にまた違うのがあったらなにか?
個人的でもとても多くの考えをするようにした作品だ.私は幸せですという題目持って質問をたくさんした.‘お前は幸せだから’,‘そうではなければ何が不幸だから’ 簡単に話せば人々が ‘ターニングポイント’ の話をたくさんするのに,‘ターニングポイント’が演技において ‘ターニングポイント’と言うよりは私が一度思って移らなければならないいくつかの点に対して考えることができる時間を作ってくれた作品だ.それで他の時よりこの作品が終わってから心が楽になった.例えばあらゆる作品を通じて私が持つようになって,享受したものなど,浮き雲みたいだった状況たちに対して考えて見るようにした.また私の元々の姿を捜すことができた時間だ.

◎ユンゾングチァン監督の演出力も引き立った.監督様が特別に要求したことがあるか?
要求をするよりは相議をたくさんした.話をたくさん交わした.誇大妄想証という病気も,マンスの状況も私が経験して見ないものなどなのではじめから最後まで作り出さなければならなかった.そんなものなどを監督様が一緒に作業した.目つき,手動作,行動皆リハーサルを徹底的にしたし,一カットが終わればモニターした後修正してまた取る過程を繰り返した.

◎マンスは希望とは捜してみにくい絶望的なキャラクターだ.キャラクターに沒入するためには自分を捨てる過程が必要だったようだったよ.
既存にした演技たちは捨てようと思った.監督様も願った部分だ.全然違った表現方法と目つき,行動たちがほしかったし,そんなものなどのためにでも監督様と多くの話を交わした.

◎マンスを演技する時した特別にした悩みがあるか?
一番多く気を使った部分は及んだ振りをすることで見えてはいけないというのだった.精神病院に行って誇大妄想証にかかった方に会いながら感じたことなのに自分の状況を話す時はとても真剣だった.そして堂々だった.それで私が少しでも及んだ振りをすることで見えれば本当の患者のように補であってアンゲッグでもする気がした.一人で私は ‘患者’と注入させたようだ.

◎演技する時本人と接点を尋ねた部分があるか?
寝て起きれば頭は似ています.(笑い) それでなくあんまり似ている点がなくて.敢えて捜そうとすると映画のようにお母さんや兄さんがそんな状況なら及ぶ前の万寿のようにどうしても私も勝ち抜けようと思うようだ.しかし同じな部分はないようだ.監督様とすべてのものを作って行かなければならなかったから撮影当時にはとても大変だった.

◎本である演技に満足するか?
満足はできない.しかしその頃にはできる位の最善はつくしたようだ.もちろん今マンス演技をまたしなさいと言えば違った演技が出るようではある.それとももうちょっと補完になることもできるが,当時にはそれが最善だった.

◎もしマンスのように生にくたびれて狂ってしまいたかった事があるのか?
仕事をやめたいと考えて見た事はある.演劇をしてもこの事ではつい手をはなさなくちゃいけないと思ったことがある.そのまますべて嫌いだった.鬱病ではなかったが,ある瞬間その気持ちを感じた.‘私が今こんな生活をして結果的に私に何が得になって何を得るのか’という考えが急にしていたよ.そんなに良くないa考えをハダボだから自分自身が見窄らしく見えた.

私がしたくてすることなのにどの瞬間誰かが選択をすると仕事をすることができてこの事を選びながら私のすべての私生活をすべて捨てたが,果してこれが当たることかする気がした.そんな考えたちをして見たら敢えて私がこんな姿をずっと維持しなければならない必要がイッウルカに対して本当に深刻に悩んだ.

◎あの時がいつや?
2007年度位だったようだ.

また原動力を捜すようになったきっかけがあったら?
それでも演技が良いからするようだ.

◎イボヨンの演技も引き立った.相手俳優として刺激も受けたようだ.
撮影場ではものをほとんど言わない.また感情が極と極を走る神々が多くて現場で話すことができる雰囲気でもなかった.またそんな感情がずっと残っている時が多くてお互いに触れなかったようだ.現場で感じたことはイボヨンさんが演技に欲心をたくさん出しているね,本当に熱心にしたがるようなのはものをたくさん言わないhても感じた.

◎撮影場雰囲気はどうだったか?
概して静かだった.ある場面みたいな場合には俳優やスタップたち皆神経が逆立っている状態で撮影したことも多かった.そうする度にスタッフたちが先に演技することができる状況を作ってくれた.

◎演技にあって刺激受けるロールモデルがいたらだれか?
ぴったり一人を正解水田件ではないのに今はチャン・ドンゴン先輩が私のロールモデルだ.欲心がちょっと多い方なので先輩たちが持っている長所たちをすべて私ので作りたい欲心があるのに,特別に一人を指折ろうとするとチャン・ドンゴン先輩だ演技的な部分もとても立派だがそのまま人間チャン・ドンゴンが大好きだ.先輩はただいま大衆に見えるイメージより何倍 十倍良いイメージを持っている.すべての部分でそうだ.


091119ha33.jpg


↓part2へ

≫ Read More

| ヒョンビン | 19:10 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10-asia

20091118024738_002013_[W850xH567]

ヒョン・ビン|“日顧みなければならない時点,私は幸せなのか?” -1

昨年今時分<彼らが生きる世の中>撮影現場で会ったがすでに1年が過ぎた。

ヒョン・ビン:この頃とても気が気でない。 出た本来このように忙しく仕事をする人ではないが良い作品を選択して,またその次作品に会って見たら1,2年の間ずっとプロ走っている。

“<私は幸せです>は一言で夜に酒飲みたくなる気持ち”
事実<私は幸せです>は<彼らが生きる世の中>以前に撮影を終えた作品だ。 昨年釜山(プサン)国際映画祭閉幕作と発表された以後1年を過ぎてまた見るとどうなのか.

ヒョン・ビン:苦しいことは全く同じだった。 (笑)代わりに釜山(プサン)映画祭時は集中してみることができる状況ではなかったが今回は見られなかった部分らをさらに見ることになって新しいことはした。

苦しいということはどんな意味なのか。

ヒョン・ビン:映画自体がゆっくり沈んでいる。 言葉で表現しにくいが,わけもなく夜に酒飲みたくなる気持ち? (笑)

ところでその沈んだ話を選択したのが本人だ。 (笑)ひとまず故イ・チォンジュンの原作小説の<チョ・マンドク氏>の主人公は30代中後半の残ろうと,彼が置かれている状況もまたとても苦痛だ。

ヒョン・ビン:原作より映画シナリオを先に見たが,事実シナリオ自体も今完成された映画に比べて主人公の年齢帯が高くて状況もちょっと違った。 ところで暗い話だが笑って読んだ。 笑わせたのでなく失笑を含んで見たものだがそれならそれがいったい何のためであろうか,その妙な魅力のために監督様に必ずやりたいと申し上げた。

<私は幸せです>のマンスは(狂う)及ぼす前にも目つきが無気力だ。 終わりが見られなく苦痛で貧しい人生で,さらにドラマチックな理由の所有者でもない。 大衆性が強い話でなくこの作品を通じて得ることができるのも明確でなかったようだ。 それにもかかわらずその苦痛のまん中に飛び込んだ理由が何か。

ヒョン・ビン:既存の他の作品らとシナリオの感じが違った。 事実私が万寿が上手なのかできないかは予測できなかった。 とても無責任な話であることは一ケ所‘あの上手にできます。 させて下さい’が違った。 上手にする自信がないと監督様に率直に申し上げたし,代わりに熱心にはするといった。 演技的な面と人間的な面で多くのことを学ぶことができそうだと考えたがその考えが違ってはいなかったようだ。

習ったということは例えばどうであることなのか。

ヒョン・ビン:そんなことがある。 ある瞬間一回ぐらい私を顧みなければならない時点,それがこの作品を通じて私の時合わせてきたことだ。 <私は幸せです>をとって自らに‘私は幸せなのか’という質問を投げてみた。 幸福,私自身,私の職業のようなものらに対して。 もちろん結論は出なかった。 (笑)波波終わりがないから。 だがその2,3ヶ月の時間が私には大きく作用した。 そうしてみる方々が私の演技に対してどんな評価を下すかは分からないがそれを離れて個人的にはさらに多いことを得た時間らだった。

“他の見方をすれば人々は皆が狂っている”

その間<アイルランド>の強国でも<雪の女王>の,テウンのように普通人ならば狂ってしまいそうである状況でもほとんど強迫的に理性を通じて感情を押さえ込むキャラクターらを主に演技した。 ところで今回の作品では最初から気違いを演技した。 一番精神で‘精神他人と関係を持ってしまった’演技をする経験はどうだったか。

ヒョン・ビン:苦しかった。 監督様にも申し上げたが撮影する終始あまり荷が重くて苦しかった。 ところで珍しいのが,その苦痛と苦しさ中でますます面白味を訪ねて行くことになったということだ。 事実その間演技したキャラクターらは私の中にあるどんな面を引き出したりもう少し誇張して作り出した場合が多かったが万寿というキャラクターは実際の出てきて接点がただ一つもなかった。 状況や性格などすべての面で。 それで目つきと動作するか,指をちっとも動くタイミングまで監督様と相談して作っていった。 大変な時間を持ちこたえるようにしたのはむしろそのような作業だった。

マンスが電気衝撃治療を受ける場面のような場合は見る人にもその苦痛がそっくり伝えられた。 声を出すことができないままで首に青筋が書庫の顔がますます赤くなる瞬間が印象的だった。

ヒョン・ビン:精神病と関連した映画と本を見て,実際に病気がある患者に会って監督様から聞いた情報まで総合して色々な想像をした後ベッドの上に縛られている時は全身に伝えられるその苦痛をどのように表現するか考えた。 顔がますます赤くなるのは本当に息をこらえてであったが,途中一度マウスピースを吐き出したのも息が止まるからだ。

そのように勉強をしてみた結果,いわゆる話す‘正常な人’と精神病者を分ける基準は何だと考えるか。

ヒョン・ビン:そのままもう少し激しいのと減ることの差であるようだ。 他の見方をすれば人々は皆が狂っている。 何にどれくらい(狂う)及ぼしているかの(埋まる)けって,それをどのように眺めるかにより分けられることだ。

それなら本人が人よりちょっと‘たくさん行く’したい面はないか。 (笑)ヒョン・ビン:その程度まで行くのは特別にないようだ。 (笑)

仕事中毒という(のは)話を聞くこともするんだって。

ヒョン・ビン:違う。 この頃が特別なケースだ。 私は新人の時も信じる隈一つなくてある作品終われば6ヶ月ずつ休んだ。 (笑)

20091118024735_002001.jpg




↓part2へ

≫ Read More

| ヒョンビン | 17:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

復活!

NISI20091117_0001982774_web.jpg

アモーレ,人気製品だけ集めた '年末限定セット' お目見え

アモーレパシフィックが代表的な人気製品たちで構成された年末限定セットを出市する.

アモーレパシフィックは 17日各ブランドごとに一番人気ある製品で立てて年末プレゼント用であつらえ向きである企画セットをお目見えすると明らかにした.

ラネズの 'メーキャップスタープロダクトリミテッドエディション(Make-up Star Product Limited Edition)'とスキンケア製品で構成されたアイオペの 'スーパーバイタル 2009 スペシャルエディション(Super-vital 2009 Specail Edition)'とマモングドの 'トータルソリューションスペシャルセット(Total Solution Special Set)' など 3種が用意されている.

ラネージュセット(3万5000ウォン)は 'ユングァンファクト'でもっと知られたスライディングファクト_EX(14g)とリップ&子供スターメーキャップパレット 2種で構成された.12月 1日から全国ラネージュ売場とアリタウムで限定販売する.

アイオペセット(10万ウォン台)はベストセラーであるスーパーバイタルクリーム(50ml)とスーパーバイタルインテンスプログラム(デー 6mlx2個,ナイト 6mlx2個)で構成されている.乾燥,荒さ,弾力不足を訴える人々の肌に深い補習科栄養を伝達してくれるトータルアンチエイジング製品たちで満たされた点が特徴だ.

マモングドセット(3万8000ウォン)はトータルソリューション故補習クリーム(50ml)とトータルソリューションミネラルモイスチョビービクリーム(SPF20/PA+,30ml)で立てられている.マモングドトータルソリューション故補習クリームは補習,美白,しわ改善まで解決してくれるマルチ機能性製品で発売開始以後消費者たちのたゆまぬ愛を受けている製品だ.

写真説明ラネージュモデルである俳優ヒョンビンが贈り物セットを持っている姿.
(ニューシース経済)

****************************************


アンニョン^^お久しぶりです

ウリPC 、本日無事に復活しました~
データも何もかもそのままで帰って来てほっと安心=3
前回と同じとこが悪かったらしく部品交換してもらい。。。
保障内だったので¥0

しかしつくづく携帯Web を見るのは苦手だな~って思っちゃいました(^^ゞ
PC 入院中 の約10日。。。
ビニ情報もバンバン上がってるから
いろいろチェック したいんだけど
PCのようにはいかずでイライラしちゃって…

やっぱりPCがチェゴ!

チングたちからビニ情報は聞いてはいたものの
いまからぼっちぼっち協力してもらいながらみんなに
追いつかなきゃ

ビニサジンもナヘング試写やインタビューやたくさんあがってるね~~

今日は寒い~~~
みなさんも風邪ひかないよう気をつけてね~~

| ひとり言 | 12:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またまた...

あんにょん!

携帯からの更新でつ...

2日前からウリPCがまたまた入院しております。

立ち上がらないことがあって騙し騙し使ってたんだけど

「もう騙されねーぞー!」

と、ばかりにハンスト状態に入り半日くらい全く立ち上がらなくなったのでみてもらうことに(*_*)
はぁ...今回は何日で帰ってくることやら...

安くすみますようにm(._.)m

| ひとり言 | 16:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晩秋決定、ナヘングポスター、ヒョン!!!!!

2009110514281381078_1.jpg

'色,系'タンウェイ,'行く秋'リメークでヒョン・ビンと呼吸

台湾出身イアン監督の'色,系'で有名な中国俳優タンウェイが韓米合作映画'行く秋'(仮題)に出演を確定したと5日製作会社やりがい映画社側が明らかにした。

タンウェイは国内俳優ヒョン・ビンと共にイ・マニ監督の1966年作'行く秋'リメークに出演する。

1960年代を風靡した韓国最高の監督イ・マニの代表作であり韓国映画会社に長く輝く傑作で1975年キム・ギヨン監督の'肉体の約束',1981年キム・スヨン監督の'行く秋'という題名で二度にかけてリメークされたし,日本でも1972年'約束'という題名でリメークされたことがある。

来年封切りを目標に撮影を準備中の'行く秋'は空間的背景を米国に移して製作される。

特別休暇を受けて監獄から出た女と誰かに追われる若い男の偶然な出会いそして3日間の愛の物語を描く予定だ。

脚本と演出は'家族の誕生'で大鐘賞最優秀作品賞,青龍映画祭監督賞,テサルロニキグクチェヨンファジェ最優秀作品賞などを受賞したキム・テヨン監督が引き受けた。

“1960年代の'行く秋'を2009年の話で新しく解いていってこそという点はこの作品を演出者が解かなければならない最も根源的な宿題”と明らかにしたキム・テヨン監督は“心を閉じて生きる二人の話を米国という開かれた空間で解いていくのはおもしろい挑戦”と明らかにした。

'行く秋'は来る11月末米国で撮影を始めて2010年封切り予定だ。(アジア経済)



確定しましたね。
ただただ楽しみ♪
ビナ~!ファイティン!





200911051036471003_1.jpg

ヒョンビン、イボヨン “及ぶように手に負えない一日一日...
” 哀切ポスター公開


‘鳥肌’,‘青鉛’のユンゾングチァン監督がメガホンを取ってヒョンビン,イボヨン主演を引き受けた映画 ‘私は幸せです’(監督ユンゾングチァン /製作ブルーストーム / 提供Sobic創業投資,デ-シジプルロス / 配給映画社濃い陣)が来る 11月 26日封切りを控えてみたポスターを最初に公開した.

映画 ‘私は幸せです’は自分が処した絶望的な状況たちを耐えることができずに誇大妄想証と言う(のは)病気を得るようになったマンス(ヒョンビン)と恋人に捨てられて直膓癌末期のお父さんを看病して大変な一日一日を送っている首看護士スギョン(イボヨン)の話を描いた作品だ.

しかし傷受けた主人公たちがお互いに頼ろうと思うが気経に近寄ることができなくてもっと切なさを伝えるストーリーとは違い,今度公開された映画 ‘私は幸せです’の見たポスターには映画の中彼らが経験した生の苦痛と切なさをしばらく後にしたまま暖かい秋日ざしの下悲しい現実にもかかわらずお互いによって幸せを捜そうとする二人の主人公の姿を盛っている.

二人の俳優の暖かい感性が付け出すポスタービジュアルとともに “及ぶように手に負えない一日一日...それでもあなたがいて...私は幸せです”というコピーと題目はお互いに各自の生で悽絶な苦痛を感じているが映画の中マンスとスギョンはそれでもお互いに頼ってその中で幸せを捜して観客たちにも幸せに対する意味をもう一度振り返るように見える.

11月 26日封切り.(ニュースエン)




ナヘングのポスターどっちもいいよね~♪
両方ほちぃ^^


ここでナヘングの予告が見れますよ!  ナヘング予告



2009110528449361.jpg

チャン・ドンゴン,コ・ソヨン2年間熱愛ファンたちびっくりして

史上最強のスターカップルが誕生した。

チャン・ドンゴンの所属会社エイエムエンターテイメントは5日報道資料を通じてチャン・ドンゴンとコ・ソヨンの熱愛を認めた。

エイエムエンターテイメントは"今日午後,チャン・ドンゴン氏関連の便りが記事化されて所属会社の公式的な立場を申し上げることになりました。 お二人様は映画'恋風恋歌'に共に出演したしその後長時間良い友人間で過ごして最近良い感情を持って恋人関係に発展するところです"として熱愛中であることを認めた。

引き続き"結婚に対する部分は記事化されたようにまだ具体的に進行されたことはない状態です。 結婚に対する話はまだ決定された事項がないから後ほど良い便りがあることになれば申し上げるようにします"と明らかにした。

二人の熱愛の便りにネチズンらは"本当に最高のスターカップルだ","結婚するならば二世はどんな姿であろうか","おめでとうです"として驚きと共に祝いを伝えている。(文化ジャーナル21)





ヒョ~~~~~ン!!!
いつの間に…
2年なんて…大人の女性で…







| ヒョンビン | 13:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。